収入 印紙 購入。 注文請書の収入印紙に関する重要事項3つ|収入印紙が不要な場合も解説|株式会社WorkVision

購入場所はコンビニや郵便局、法務局などがあります。 指定金融機関の銀行が販売を一手に担っている自治体もあれば、個人商店などが販売を担っている自治体もあります。 印紙税法第5条(非課税文書)の規定により印紙税を課税しないこととされている非課税文書でないこと。

20

・正しく割り印を押すこと 収入印紙は、領収書や手形、契約書などの書類の、所定の欄に貼り付けて割り印することで有効となります。 たとえば、「請負金額 税込1,080万円」と書かれていた場合は、「1,080万円の契約書」とみなされ、2万円の印紙を貼ることになりますが、「請負金額1,080万円(消費税80万円を含む)という場合は、「1,000万円の契約書」となり、1万円分の印紙をはることになります。 つまり本来納付すべき印紙税に加えて、 印紙税の2倍の過怠税を払わなければいけません。

14

税務署に課税文書に印紙が貼付されていない旨を指摘された場合、過怠税として本来納付すべき金額の3倍が課せられることとなっています。 購入できる収入印紙の種類 収入印紙の中でよく見かけるのは、コンビニなどのレジでも販売されている200円印紙ではないでしょうか。 しかし、 いかなる場合も返金はできないようです。

16

実際に探してみると、最寄りの大手コンビニのドア付近のガラスに郵便マークが描かれており、その縦棒の下に「切手・はがき 印紙」と書いてありました。

15

また、その種類に応じて課税金額(購入・貼付すべき収入印紙の金額)も異なります。

4

購入した収入印紙はただちに使用した。 不動産の登録免許税などもこの収入印紙で納める必要がありますので、法務局(登記所)で利用される方が多いとのことです。 収入印紙が必要な領収書を例にして解説しましょう。

1

しかし、絶対にクレジットカードで収入印紙を購入できないかというと、そういうわけではありません。 しかし、この場合は取扱いがあるかどうかは保証できませんので、個人的には推奨もしていません。

1

収入印紙は、郵便局、法務局、コンビニエンスストアなどで購入できます。

19