Question: βアスピリンに使用されるアスピリン300MGとは何ですか。疼痛および腫脹を軽減することができる抗炎症性鎮痛剤として。体温を上げるために。血液を薄くすることによって心臓発作やストロークの再発を防ぐために。

は1日300mgのアスピリンを服用しても安全ですか?

心臓発作や脳卒中を防ぐための通常の用量または一日に1日1回75mg(通常の強度の錠剤疼痛軽減のために300mg)。日1回の1日に1日に1日1回の1日に1回の投与量が高くなる可能性があります - 特に脳卒中、心臓発作、心臓のバイパス手術があった場合は、300mgのアスピリンは何ですか?

- 通常300mg - アスピリンは痛みを和らげ、高温(発熱)を減らし、腫れを減らすことができます。頭痛や片頭痛からの短期的な救済によく使用されます。歯痛。

どのようにアスピリン300mgを取りますか?

通常4~8グラムのアスピリン300mgを1日にかかります。通常の用量は毎日1~2個の75 mgの錠剤です。時々、あなたの医者は毎日300 mgのタブレットを取るようにあなたに言うかもしれません。

なぜ医師はアスピリンを処方するのですか?

アスピリンは、毎日使用して心臓発作のリスクを低下させるために役立つことが示されています。心血管疾患を有する患者におけるストロークおよび他の血流問題は、心臓発作や脳卒中を既に持っていた。多くの医療専門家はこれらの用途のためにアスピリンを処方しています。

アスピリンの利点は何ですか?

アスピリンの実証済みの利点は、鎮痛剤、低発熱、炎症を軽減することに加えて、アスピリンが血栓を形成するのを防ぐことができます。

はアスピリンです。ただし、毎日服用できますか?

あなたはあなた自身で毎日アスピリン療法を始めるべきではありません。時折アスピリンを服用している間、ほとんどの大人が頭痛、体の痛みや発熱に使用するのに安全ながら、アスピリンの毎日の使用は内部出血を含む重大な副作用を持つことができます。

アスピリンを服用しながらどうすればいいですか?

アルコールを避けてください。重い飲酒は胃の出血のリスクを高めることができます。心臓発作や脳卒中を防ぐためにアスピリンを服用している場合は、IBUPROFEN(ADVIL、MOTRIN)を服用しないでください。イブプロフェンは、心臓と血管を保護するのに効果的ではないとアスピリンを効果的に作ることができます。

アスピリンと混ぜるべきですか?

パラセタモールまたはコデインでアスピリンを取るのは安全です。しかし、医者と話すことなく、イブプロフェンやナプロキセンでアスピリンを服用しないでください。アスピリン、イブプロフェンおよびナプロキセンは、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)と呼ばれるのと呼ばれる薬の同じグループに属しています。

アスピリンは肝臓を損傷しますか?

対抗鎮痛剤。アセトアミノフェン(タイレノール、その他)、アスピリン、イブプロフェン(Advil、Motrin IB、その他)、ナプロキセン(Aleve、他の)などの非予明疼痛軽減剤、特に頻繁に摂取またはアルコールと組み合わせると、肝臓を損傷する可能性がある。

Write us

Find us at the office

Jankovic- Dentler street no. 93, 72400 Hanga Roa, Easter Island

Give us a ring

Trust Lio
+11 605 163 101
Mon - Fri, 7:00-22:00

Say hello