目的 格 の 関係 代名詞。 関係代名詞thatの使い方・thatしか使えない特別用法|英語の文法解説

以下、関係代名詞の使い方をさらに詳しく見ていこう。 ここで、ご指摘のthe place, where is…をコーパスと呼ばれる言語のデータベースを見てみると the place, where is: 0件 the place where is: 0件 place where is: 2件 place where: 11,298件 といった結果でした。 I live in it ten years ago. これまで紹介した関係代名詞と異なり、 whatは the thing s という先行詞がすでに含まれている。

9

次の文には関係代名詞の省略がある。

19

興味のある方はぜひご覧いただきたい。 関係代名詞の目的格はかなり難しいと思います。 なんでこんなものを使わなければいけないかすらわからなくなってきます。

11

参考: 猪野真理枝・佐野洋:著 東京外国語大学出版会 2014 Please SHARE this article. までが関係詞節 ポイント ・先行詞が人か物か? 物 なので which,whose のどちらか ・後ろの文ではどんな役割か? my sister が主語ですので、主語ではない。

19

振込用紙・Webサービス(含む)利用の 会員番号・パスワードは教材とは別便(郵送)で5日前後で後送します。 いつも通り出来るだけ難しい文法用語を使わずに、日本語と英語の「別の単語を説明するシステム=修飾 」の違いに注目して、日本語の感覚で説明していきます。

11

長らく悩んでいた疑問点を何とか解消する事が出来ました。 このとき、 先行詞(circumstances)が2つ目の文で前置詞 in の目的語Oとして繰り返されている点に注目しよう。