デルフ リンガー。 デルフ=ダオラ

得意魔法は「ワルキューレ」。 その設計は全くの新設計となり、船体は平甲板型である が、やや強いを採用、機関系統は重油と石炭を一緒に焚ける混焼缶を採用した。

14

しかし、デルフリンガーの力によって生き返り、エクスプロージョンで聖地の精霊石を破壊し、ハルケギニアを救った聖女となった。 父であるジョゼフに退屈しのぎとして公職を求めた結果、「ガリア北花壇騎士団」の団長の地位を与えられた。

に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 虚無の担い手の1人で「移動」を司る。 趣味はで特技はハープ。

12

愛称は「 テファ」。 趣味は二つ名のとおり香水を作ること。

防空用に8. 切り立った岩の間からライター・カール方面を見下ろせる場所がありました。 その他の生徒 [ ] ヴィリエ・ド・ロレーヌ ルイズ達の同級生に当たる男子生徒。

2

ラ・ヴァリエール公爵領の隣に土地を持つ子爵家の当主で、年齢は26歳。

18

それゆえ、ウェールズ皇太子やティファニアの父方の姻族であり、ウェールズから見れば叔母、ティファニアから見れば伯母にあたる。

18

生真面目な性格で、宮中に勤める叔父から騎士隊の評判が低いことを聞かされ、戦力や名声を向上させる方法を模索している。

15