ジャパン ダート ダービー 2020 予想。 【日本ダービー】出ました!2020年を象徴する超強力サイン馬券!

及第点の仕上がりと判断したい。 ってか、オーナーが繁殖牝馬を所有していなかった場合はどうなるんやろうか。

3

短めの距離を使った前走でも前々のポジションを確保していたように、速力自体は衰えていませんし、1年前のクイーン賞でも上位争いを展開していて、船橋ダートコースとの相性も上々。 競馬予想の真髄をお見せいたします。 一昨年のダービーで1番人を背負い6着に敗れたダノンプレミアムと同じローテーションですが、ダノンプレミアムが皐月賞を故障で回避しているのに対し、このワーケアは弥生賞敗戦後、即ダービー直行を明言した様に、いわば 「予定通り」の臨戦過程である事は無視できません。

【水曜日】地方競馬の重賞予想 地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

19

ならば自然と浮かび上がるのは、 サリオス。

無印 サトノフラッグ 人気どころで今回明確に嫌いたいのはサトノフラッグです。 しかし!!! 毎週欠かさずトレセンに通うプロ中のプロ 元『1馬』TMの柴田卓哉は・・・ コントレイルに不安ありと見ているとの事! 想定2番人気 サリオス(レーン) 堀厩舎 [戦績:3-1-0-0] 前走:皐月賞2着 コントレイルに不安あり。 アーカイブ• 近10回の優勝馬はいずれも該当。

17

やや単調な走りに映るが、前後のバランスはとれており、概ね自身のパフォーマンスは示している。 日本ダービーの週中分析記事はこちらから• いつも後方からの競馬を余儀なくされる追い込み脚質ではありますが、前残り決着になりやすい脚抜きの良いダートでも好結果を残していて、骨っぽい相手がそろっていた 前走・太秦ステークスでメンバー中最速の上がり3ハロン(35. これまでの競馬と馬体を見る感じではおそらく本質は中距離向きの馬なので、今回の2000mへの距離延長はプラスになる可能性が高く、差し馬でも馬場、展開問わずに終いは確実に脚を使ってくるタイプなので、今回もまず不発は考えられない。 例年より前半が落ち着きそうな相手関係はこの弱点を目立ちやすくしてしまいそうで、急坂でない東京ではパワーを持て余す心配まであります。

7