警察 小説 おすすめ。 警察小説

どのシリーズもクセ強めなはみだし刑事さんが 集められ、周囲をあっと言わせる大事件を解決しています。 新宿鮫• 『SRO』(中公文庫)、『生活安全課0係』(祥伝社文庫)。 何を言っても信じてもらえない状況、 その恐ろしさは尋常ではない。

警察捜査の過程や、「密行」と呼ばれる巡回シーンなど とても興味深い。

4

多くの警察小説が現場の刑事の活躍を描いているのに対し、本シリーズは警察庁の キャリア官僚の活躍を描いています。 飢えた狼のごとく強引に違法捜査を繰り返す大上に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。 主人公を演じた西島さんハードボイルドだけどタバコ吸いすぎですね。

19

「サーベル警視庁2帝都争乱」。

6

ローズダスト』 ネット財閥アクトグループを狙ったテロが起こります。

なお、は『』の中でに「取り柄といえばたったひとつ、精力的に動くという点だけだ」と罵倒させている。 本書は秘密のヴェールに包まれたそのSATの最前線で活動する制圧班、通称トツの姿を描いた長篇サスペンス。 - シリーズ。

8