全日本 バレーボール 高等 学校 選手権 大会。 概要|春の高校バレー 第69回全日本高等学校選手権大会|国内大会|公益財団法人日本バレーボール協会

7 マネージャーは、当該校の生徒または職員であること。 開催地東京では中旬に代表校が決まり、本大会の抽選会は11月末~初旬にフジテレビ本社で行われる。 北海道・東北• これを受けて、やなど関係各方面による協議の結果、2010年度から選抜優勝大会を廃止し、この大会をその代替として新年1月開催に変更、3年生も本大会に出場可能とした。

。 開催地東京では11月下旬に代表校が決まった。

奈良県代表 (初出場)• 代表I (2年ぶり4回目)• 代表 (17年ぶり12回目)• 代表 (2年連続31回目)• 佐賀県代表 (2年連続14回目)• 埼玉県代表 (10年連続15回目)• 以後も協賛スポンサーとして引き続きコカ・コーラやといった公式飲料を出場校に供給・提供していた。 ただ洛南も有力校だか前々回は洛南も1つもセットを落とさず優勝している。

5

1つ目は東京。

6

代表 (11年連続11回目) 東海・北信越• 代表 (3年連続30回目)• 北海道・東北の合同ブロックと九州ブロックは両方とも8チーム出場するため、8つすべての各ゾーンに1つずつ自動的に配置されるので抽選の必要はない。 和歌山県代表 開智(10年ぶり4回目)• 大村工 2-1 弥栄• 準決勝以降はフジテレビONEで録画中継が行われる。 代表 (17年ぶり12回目)• 神奈川県代表I (6年連続7回目)• 1月6日 - 2回戦• 代表 (9年連続28回目)• トーナメント表にはA~Hの8つのゾーンと1~52番の番号に振り分けられる。

4

但し、『』では放送されなかった分を含むすべての代表決定戦の結果をフォローした。

12

2014年以降は1回戦から準決勝まで全試合生中継されるようになった(2014年、ONE・NEXTと(最大3波を使い1日目から3日目まで生中継)、2015年、ONE・TWO・NEXTとスカチャン(最大2波)。 年度により東京体育館が主だったときもある)を主とし、や・などの首都圏の各会場に分散して開催した年度があるが、現行の1月開催になってからは代々木競技場が同時期のに抑えられた影響もあり、主会場を東京体育館に統一した。

13