ザモアイズユー。 ザ・モアイズユー/想い出にメロディーを

」 [ ]• 本多真央 —今のザ・モアイズユーと銀杏BOYZを比較すると、「随分変わったな」とも思いますけど、「根底にあるものは変わっていないんじゃないか?」とも思いますね。 Web [ ]• (秦 理絵) 大阪発の3ピース・バンド、初の全国流通盤。

ザ・モアイズユーは、2011年に結成した大阪出身の3ピース・ロック・バンドで、J-POPの王道を行くキャッチーで切ない楽曲を武器に〈センチメンタルロックバンド〉として精力的にライブ活動を展開。 また今作には彼らの代表曲である「花火」「トーキョー・トレイン」の再録ヴァージョンなどを全7曲が収録されており、ザ・モアイズユーのこれまでとこれからを感じることが出来る作品となっている。 手を伸ばした光の先へと 今僕らは走るよ 埃にまみれて過ぎてく毎日に 僕ら何も感じなくなってた いつまでたっても踏み出せないけど 中途半端じゃいられないんだ 自分だけが置いてかれているような気がした 手を伸ばした光の先には 涙で滲んだ未来がある 何度打ちのめされようとも 今僕らは走るよ 逃げ癖ばかりが染み付いているから 日の当たらない場所をさまよう 地べたを這いずり回って 見つけた答えはひとつなんだ 繋ぐ思いを歌う 手を伸ばした光の先には 涙で滲んだ未来がある 立ち尽くす君を呼ぶために 僕ら声を枯らすよ 見つけ出した答えの先には 何があるのかわからないけど 僕らがここにいることがそう答えなんだ 手を伸ばした光の先には 涙で滲んだ未来がある 立ち尽くす君を呼ぶために 僕ら声を枯らすよ. ご了承下さい。

また、4月14日 日 には、タワーレコード梅田NU茶屋町店にてリリース記念のフリーライブも行われるという。 23(土) alcott主催 BUTAFES 2019-NAMAKEBUTA METABOLIC ROCK FESTINAL• を満たしていないおそれがあります。

2

2018年7月にはback numberが所属するイドエンターテインメントのオーディション『SUPEREGO』でグランプリを獲得。 ファンにはアーティストや楽曲との出会いを、アーティストにはネクスト・ステップにつながるCD発売、音楽フェスへの出演など活動の場を提供してきました。 そこからザ・モアイズユーは始まったんです。

13

彼らが奏でる曲の主人公たちは、常に手の届かない「なにか」や「誰か」に焦がれながら、不器用に、しかし美しく生きている。

2

—「8年」という月日を簡単に語ることはできないと思いますが、ザ・モアイズユーの音楽性、やりたいことというのは、どのように変わってきたのでしょう? 本多:僕と以登田は高校2年生の頃から一緒にコピーバンドをやっていて、最初は銀杏BOYZのコピーバンドをやっていたんですよ。 6(日) MAKI 1st single「Tao」 リリースツアー「大三元」に参加。 ライブに行ってほしい。

9

2019年• 13:30~clubasia 出演。 参加した他バンドのツアー 2018年以降) [ ] 2019年 [ ]• その後、何度かのメンバー交代を経て、今のスリーピースバントとなる。 渋谷JACK 2019 WINTER。

16

だから私はいう、一度でいいから彼らの曲を聞いてほしい。

4

9(金) SPICE ライブレポ TV [ ]• 2016年• 大阪の3ピースバンド、ザ・モアイズユーが8月25日に行なった生配信ライブにて、約1年ぶりとなる新曲を4カ月連続で配信リリースすることを発表した。 ライブが終わる頃にはモアイズユーの虜になっていた。 その他にも、彼らの代表曲とも言える"花火"、"トーキョー・トレイン"の再録ヴァージョンを含む、全7曲を収録。

3