ポルトガル 国旗。 ポルトガルの国旗

地図作成地図ビジネス スプラッシュ効果概念。

南部は典型的な地中海性気候で、夏季の雨量が少なく年間降水量は500ミリを下回る。

1

一説に、緑は希望や誠実を、赤は共和国成立の革命を表すとされる。 日本との関係 [ ] 詳細は「」を参照 1543年、ポルトガル人が日本に初めて来て以降、16〜17世紀にかけてポルトガル人が日本人を奴隷として買い付け、ポルトガル本国を含む海外の様々な場所で売りつけ、大規模な奴隷交易へと発展した。

9

第二次世界大戦後、政策を維持したサラザールはポルトガルのやへの加盟に成功し、こうしたとの友好政策もあっては経済が安定する。

2

を生かし、、、、の生産が盛んである。 紋章には優れた航海術を象徴する天球儀と、ムーア人から奪い返した7つの城、ポルトガル王家を表わす盾などが描かれている。 Portuguese national bicolor flag. 前期中等教育を終えると15歳から18歳までが中等学校(後期中等教育。

戦乱でそれまでの産業基盤が崩壊していたポルトガルにとって、それまで多大な富をもたらしていたブラジル喪失の影響は非常に大きなものとなった。 ベクトルの図。 ソアレスの後に ()、 ()、と3つの内閣が成立したが、いずれも短命に終わった。

国内では学生や労働者による反サラザール運動が激化したが、サラザールはこれらの運動を徹底的に弾圧した。 広大な植民地を獲得したブラガンサ朝は、から18世紀にかけて植民地、特にブラジル経営を進めることによって繁栄を保とうとし、ヨーロッパの戦乱には中立を保ったが、産業基盤が脆弱だったポルトガルはにと締結したによって、同国との間に経済的な従属関係が成立した。 1976年の政権成立から1986年のEC加盟までの10年間は、急進路線による経済のひずみを是正するための期間であった。

20