柏崎 市長 選挙。 新潟 柏崎市・刈羽村で原発再稼働に前向きな現職が当選

投票率は62・80%で2016年の前回選を1・26ポイント下回った。 数年は課題ではない」と。

3

29日に記者会見を開き、正式表明する。 ・発熱や風邪の症状等がある方は、開票会場への立ち入りを自粛してください。 桜井雅浩氏は、1962年柏崎市西本町出身。

有権者数:73,457人• 原発の重大事故に備え、実効性のある避難計画を改めて訴えた。 このうち柏崎市の市長選挙は、原発の再稼働を条件付きで認める現職の桜井雅浩氏が、再稼働に反対する元参議院議員の近藤正道氏をやぶって、2回目の当選を果たしました。 1947年生まれの73歳・中央大学法学部卒業。

桜井氏は再稼働容認、近藤氏は反対を訴えていた。 ・使用済核燃料税により1. 近藤 正道(こんどう まさみち)氏 近藤 正道(こんどう まさみち)氏[無所属新人:73歳] プロフィール(経歴) 元参院議員・弁護士。 柏崎市長選、桜井氏が再選 再稼働反対の近藤氏破る 任期満了に伴う新潟県柏崎市長選は15日投票が行われ、即日開票の結果、いずれも無所属で、原発再稼働を容認する現職の桜井雅浩氏(58)が、再稼働に反対する弁護士で新人の近藤正道氏(73)=立民、共産、社民推薦=との一騎打ちを制し、再選を果たした。

11

学歴:中大卒。

1

その一方で政治は結果がすべて。

桜井氏は「新型コロナウイルス感染症への対応が最も大きな課題。 投票率は71. Bloomberg via Getty Images JAPAN - MAY 15: Tokyo Electric Power Co. 柏崎市長選、桜井氏が再選出馬へ 近藤氏も正式表明、選挙戦確実に 新潟県柏崎市の桜井雅浩市長(58)は25日、新潟日報社の取材に対し、任期満了に伴う市長選(11月8日告示、15日投開票)に再選を目指して立候補する意向を明らかにした。 公約・政策・主張 新型コロナ対策について、PCR検査センターを拡充し市が独自に進める経済対策の実績をアピール。

13

履歴:高校教諭・地域国際化協会事務局長。 環境主義・多文化共生・反戦・反原発などを党是とする市民団体で、小池百合子東京都知事が2017年に立ち上げた「緑の党」との関連はありません。

2