応対 と 対応 違い。 「対応」と「応対」の意味と違い

来客対応は、覚えておくべきビジネスマナーです。 」が 正しいのです。

17

対応というのは、様々な物事や出来事に向き合った際、それに適した応じ方をするということを意味しています。

19

また、会社だけでなく自宅に訪問客が来たときにも、覚えておくととても役に立ちます!パレット銚子では定期的にプログラムに講座を取り入れてみんなで一緒に学んでいます!今日は、講座を担当しました高橋が講座の内容をいくつかに分けてご紹介したいと思います!最後まで、お付き合いよろしくお願いします! それでは、まずは基本となる 「言葉の意味」を学んだ講座のご紹介です! みなさん、ココで突然ですが 『来客対応』と 『来客応対』という2つの言葉を聞いたことがあるでしょうか?もしかしたら、実際に使っている言葉かと思います。 正確性や効率性が求められる会計業務は、マニュアル化されていた方がいいかと。

8

「対応」は人が関わる時以外にも使えますが、「応対」は人が関わる時のみ使われる単語です。 マニュアルがあれば、お客様への対応を、ほぼ問題なく行うができるからです。 電話では主に対応という言葉を頭に入れて話すようにすれば、大きく間違える事はないでしょう。

二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 対応と応対、電話の場合 では、実際の使われ方を見ながら、さらに詳しく見ていきます。

13

しかし、 この2つの言葉の意味には大きな違いがあり、使い方も違うんです!! 『対応』 『応対』漢字が前後入れ替わっただけなのに、何が違うのでしょうか? 実は、 * 『対応』は、 相手の状況に応じて処置・行動するという意味、 *『 応対』は、 相手の感情に応じて受け答えするという意味になります。 「応対」と「対応」の違いとは? 「応対」と「対応」の違いは以下の表のとおりです。 応対は対応を考えるための会話だと覚えておきましょう。

3

」です。