コロナ 小学校 休校 助成 金。 個人事業主にかかわる「新型コロナウイルスによる小学校休業等対応助成金・支援金」について

また、厚労省HP(下記URL)において、制度の概要や申請書の記載方法等を解説した動画を 掲載しておりますのでご活用ください。 ・10月1日以降の休暇分を9月30日までの様式で申請する• 学校等休業助成金・支援金受付センターは厚生労働省の委託事業者。

5

「(6)時間換算額」の入力方法 「(6)時間換算額」は、次の計算式で求めることができます。 会社としてはすぐに社員が有給休暇を利用できる環境を整えておくことが大切でしょう。

4

年次有給休暇で休暇を取得された従業員は対象になりません• 各対象労働者の通常の賃金を日額換算したものが基準額となります FAQ(厚生労働省HPより抜粋) Q. 小学校休業等対応助成金・支援金とは 小学校休業等対応助成金・支援金は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、厚生労働省が設けた支援策のひとつです。 新型コロナウイルスに感染した又は風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子ども です。 もう少し詳しく紹介します。

厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるを えなくなった保護者の皆さんを支援するため、 ・正規雇用・非正規雇用を問わない助成金制度 (新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金) ・委託を受けて個人で仕事をする方向けの支援金制度 (新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金) を創設し、令和2年2月27日から6月30日までの間に取得した休暇等について支援を行っています。 今回はこの記事で小学校休業等対応助成金・支援金の概要についてご紹介します。 また、業務の遂行は契約を締結している本人が、個人で契約に基づく業務を行うこととされています。

1

目的は、休業保護者の雇用維持と生活補償。 小学校休業等対応助成金と同じで小学校などが臨時休業した場合や、新型コロナウイルスに感染した子どもや感染の恐れがある子どもを育てる人が対象。 タイムカード(出勤簿)の控え 小学校休業等対応助成金を申請する場合は、タイムカードや出勤簿、休暇簿などの控えが必要となります。

9

また、申請書への記入方法は。 この日時には、業務量、契約期間などから、業務を行う日が判別できるような場合も含まれます。

なお、次ページの(参考)に記載がない助成金等の課税関係については、その助成金等の支給元である国や地方公共団体の窓口にご確認下さい。