大阪 西 労働 基準 監督 署。 大阪府内労働基準監督署

厚生労働事務官は、庶務などの管理部門・労災補償部門・保険関係成立の適用部門・徴収部門を相互に異動し、場合によっては労働基準の相談・調査部門に配置されて労働基準監督官の業務補助の一部をこなすこともある。 耳鼻咽喉科• 労基署内で厚生労働事務官・厚生労働技官と同一業務に就くことはしばしばあるが、検察官と検察事務官のような主従関係にあるわけではない。 捜査を含めて業務は基本的に単独で行い、上司からの命令を受けることは少ない。

5

歯科口腔科• 各方面・各課の業務は分かれているが、各方面と安全衛生課は密に連携をとりながら業務を行う。

10

徴収職員である厚生労働事務官は、各人が独立した権限をもち、(都道府県によって異なる場合もあるが)おおむね労働局総務部(労働保険徴収部)労働保険徴収課(室)と所轄の労働基準監督署に配置されて、滞納処分と滞納整理に関する事務を行っている。

名称を「監督課」に変更する予定がある。

11

次長 全ての方面制署と一部の課制署に置かれる。 あくまで現場で何年もまれてきたかの経験が物をいう、たたき上げの世界になっている。 三官制度 労基署には、労働基準監督官、厚生労働事務官、厚生労働技官の三つの官名の職員が混在して配置され、これを三官制度(新人事制度では厚生労働技官が廃止され、二官制度となる)と称している。

4

ほとんどの都道府県労働局では、国家公務員II種試験合格者とIII種試験合格者の昇進・昇任は全く変わらないので、まず経験年数が優先され、高校や専門学校卒業後直ぐに就職した厚生労働事務官と大学や転職組の厚生労働事務官では扱いが異なり、学歴ではなく勤続年数によって先輩後輩の序列ができる。 労働基準監督官 労働基準監督官は、国家公務員II・III種試験より上位に位置づけられている労働基準監督官試験に合格した者であり、身分は特別司法警察職員である。 その他、労働災害防止の指導や、労働者災害補償保険の給付、労働保険(労働者災害補償保険及び雇用保険の総称)の適用および労働保険料等の徴収、 未払賃金の立替払事業に関する認定などを行っている(個別労働紛争の調停斡旋は労働局の業務であるが、労働局の職員が労基署に場所を間借りして業務を行っている)。

12