彭徳 懐。 2千万人餓死への「大躍進」: 依存症の独り言

約6000万人である。 」というスローガンが、1958年 以降、中国全土に響き渡った。 毛沢東は、彭徳懐を「老彭 ラオポン 」と呼んだ。

4

麦わら帽さえ被れず、安煙草も吸えなかった。 『三国志』の時代と言うと、血沸き肉踊るイメージがあるかもしれないが、現実には戦乱が打ち続く歴史上稀に見る悲惨な時代であった。 しかし、この略奪・殺戮が、後に太平天国自身の悲惨な最後を招く原因を作った。

4

学生たちは、工場や農村で肉体をさせられるか、強制収容所に送られる。

20

3日間にわたる掃蕩作戦の結果、賊軍10万人あまりを処刑しました」。

一方、1963年には70歳になった毛沢東は、休養のために多くの会議を欠席するようになった。 私書簡という性格上、そのまま公になれば、その中の細かい点で問題になる言葉はいくらでもあるであろう。

15

また、唐の時代には、帰日する遣唐使とともに唐の高僧・鑑真が渡日し、唐招提寺を創建するなど、日本における仏教の興隆に大きな役割を果たしたし、空海や最澄も遣唐使として唐に渡り、仏教を学んでいる。 軍事問題などで、毛沢東が、やや空論を述べすぎていると思われるときには、 内輪で、毛沢東のことを「教師」と呼んだりもした。

2

その後の文化大革命で迫害を受け、1974年に北京で死去した。 その後は、国家主導で一大観光スポットとして、建築開発が進められた。 「大躍進期」の傷跡から抜け出したこの「経済調整期」の状況について、「北京三十五年」(参考資料13)の中で著者の山本市朗氏は「帰ってきた北京好日」と表現している。