労働 保険 勘定 科目。 労働保険料の仕訳・納付時期

給与から天引きする従業員負担分の雇用保険料の金額は、給与に保険料率を乗じて計算します。

3

入社月 退職月 翌月徴収 徴収ゼロ 2か月分徴収 当月徴収 1か月分徴収 1か月分徴収 勘定科目は? 従業員負担分 預り金 給料仕訳計上時に「預り金」を計上 年金事務所支払い時に「預り金」取り崩し 会社負担分 法定福利費 毎月末or年金事務所支払時に「法定福利費」計上 混乱する理由は、給料支払時期や、従業員から預かる時期がバラバラだからでしょうね。 ・「給 与」元帳の借方へ300,000と記入。

まず、概算保険料の損金算入時期ですが、労働保険料の申告書(労働保険年度更新申告書)を提出した日か労働保険料を納付した日かを選択することができました。 一方、当月徴収の場合は、入社月、退職月どちらも1か月分を徴収することになります。 2)「法定福利費」に対する補助科目の設定 「労働保険に係る会社費用」を表現する「 法定福利費」という勘定科目は、「 社会保険に係る会社費用」に対しても使用されます。

18

。 そこで、『法定福利費』の1つだけを使った仕訳方法を紹介します。

18

「 会社負担分の労働保険料」と• 「概算保険料の支払部分」と「確定保険料の支払部分」とがあり、• 10月末 社保 計上 仕訳なし 同左 現金主義のため社保は計上しない 11月末 給料 支払 給料 40 現金 36 預り金 10月分 4 給料 40 現金 36 預り金 11月分 4 徴収した社保の対応月が異なる点注意 11月末 社保 支払 預り金 10月分 4 法定福利費 10月分 4 現金 8 同左 年金事務所への支払は共に前月分 10月分 のため、仕訳は同じ。

11

12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

12