小 規模 企業 共済 制度。 小規模企業共済

加入資格は「小規模企業者」のみ!加入できる人・できない人 小規模企業共済に加入できる人は、以下のいずれかに該当する小規模企業者だ。 8rem;color: 888888;font-size:0. com) 小規模企業共済は、国の機関である中小機構が運営する退職金制度だ。

5

会社経営者は雇用保険に加入することができず、廃業・倒産などのリスクを負っています。

7

個人事業主の共同経営者も加入することができ、個人事業主が廃業した時や廃業に伴う退任、疾病・負傷による退任や、共済契約者である個人事業主の死亡時に共済金を受け取れる。

5

申請前にまずはその条件に当てはまるかどうかをご確認下さい。

12

そして一般貸付以外の貸付では、上記の借入資格取得に加え、制度それぞれに細やかな借入資格条件が定められています。 なお、上記には節税効果の影響は反映されていません。

16

所得が高ければ高いほど節税効果が期待でき、たとえば課税される所得金額が200万円である場合、掛金月額が7万円であれば、129,400円も節税することができます。

ただし、掛金納付月数が240ヵ月(20年)未満の場合は解約手当金が掛金合計額を下回り、12ヵ月(1年)未満の場合は解約手当金を受け取ることができない。

7