コロナ ショック サバイバル。 コロナショック・サバイバル(その2) :: アイネックス税理士法人

加えて、前回のリーマンショックで影響が大きかったのは主にアメリカとヨーロッパだったんですけど、今回はこれからたぶん……ここらへんは本田(桂子)さんが詳しいと思います。 最悪のケースを予測して、今後経営者はどうしていけば良いのか?企業はまず何よりもキャッシュを優先して経営を考えるべきで、危機的状況下においては短期的なPLの目標は本気で捨てろ等々、修羅場での経営の心得がこれまでの数々の企業再生の経験を下に記されている必読書となっています。

11

ところが、気づかないうちに定年へのカウントダウンが始まるとともに、これからは100年人生!なんて言葉が流行りだし、60才そこそこで、働くのをやめるなんて考えられない時代となりました。 それはすでに押し寄せつつあるとのこと。

16

開発途上国がかなり厳しいことになると思うんですよ。 「金利や手数料なんて、企業の生き死にと比べれば無視できないくらいのわずかな保険料である」や「今回のようにいつまで続くか分からない危機的局面においては取れるだけ取っておくべき」という一節に、私は変に納得してしまいました。

13

生き残りを模索し、売り上げ半減を前提とした事業計画を策定したり、休業状態で体力温存に努める企業もある。

7

。 ただ、本書にも書かれているように、「歴史から学ぶ」ことの意義は大きい。

13

経営的に危ない企業又は、倒れてしまった企業を立ち直らせる企業再生業界ではとても有名な方です。 紙版 税込1,320円 販売電子書店:Kindleストア、Apple Books、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive! 投稿者: けいちゃん - 本書に書かれていることの軸になることは、L(ローカル)とG(グローバル)の経済であったり、産業再生機構やIGPIにおけるJALやカネボウ再建の話など、冨山氏の他の著書に書かれていることと重複することもあり、少し抽象的な内容も多い。

5

どうやってもここに富は全部集中するんですよ。 これは一般の社員は賛成します。 はっきり言って。

17

当然、コーポレートガバナンスもサラリーマン共同体主義では保てないので、ステークホルダー主義の外部ガバナンスに依存していくということになります。 これはほぼ例外なく、ほとんどの産業がやられています。

6

超オススメです。 モノをいうのは、実戦経験に裏打ちされたStress Smartである! 豊富な臨床経験、修羅場経験を持つストレス・スマートな真のプロは減少している。 それまでに何をしておくべきか。