連続 起業 家。 家入一真の履歴書|ひきこもり、起業、上場、大赤字。天国と地獄を経験して分かった「失敗」の本質

関わってきた事業(ベンチャー社員として) 僕は総合職として内定をいただいたのですが、志願してエンジニア新卒社員として勤務を開始しました。 サラリーマンが真剣じゃないかといったら、まったくそんなことはないのですが、起業ってとても真剣味のある行為だと思います。 それが僕の考えだ。

7

",price:d,noteCount:R,updatedAt:"2020-12-02T18:29:06. 支援しているつもりではなくて、「俺の会社だ」という意識でした。 とても素晴らしい時代だなと。

19

元々パクれるアイデアならすでに誰かがやってます。 そして入社後は研修を行っていただいた後、モバイル広告を取り扱う事業部に配属されそちらでサーバー管理業務に携わっていました。 僕が明確に起業を意識したのはここからで、色んな仮説を立てながら高速でPDCAを回してそれが成長につながっていく、っていう経験がめちゃくちゃ楽しかったんですよね。

13

バックパッカーになるというチャレンジをマイナスにとらえる人もいるだろう。 しかも精神的にかなり疲弊しておりメンタルクリニックに行ってみたりもしたんですけど、これについては別途書いてみるつもり。 福岡にある、社員10人くらいのデザイン会社です。

16

守屋: 算数のほうは、化学の実験ではないので、桁さえ合っていればいいんだけど、胸張って言える勝ち筋がないと、メンバーへの指示がぶれたり、示しがつかないですよね。 オーナーという立ち位置で、コンセプトや内装、メニューなど最初の立ち上げには関わるんですけど、オープン後の運営フェーズに入ると特にやることがない。

Q:ビジネス側にとっての、アートとの付き合い方についてお聞きしたいです。 数字に強くなる必要があります。 「シリアル」(serial)は「連続的な」という意味の英語。

11