親権 と 監護 権。 親権者と監護権を分属させた審判例

ア 監護権(養育権)を巡る紛争の手続を担当した裁判官が、 イ 親権を巡る紛争の手続をそのまま担当するとは限りません(むしろ別の裁判官が担当することが一般的です。 親権だけは譲りたくないと主張するのは決しておかしなことではありません。 そのためには、 非監護親との積極的な面会交流の実現が不可欠です。

5

人身保護請求は、請求に対して迅速な裁判が要求され、審問期日は請求の日から1週間以内に開き、証明資料は疎明で足り、判決言い渡しは、審問終結の日から5日以内にすることとされ、子どもの身柄確保のため、拘束者に対し、子どもを出頭させることを命じ、これに従わない場合は、勾引、勾留を行い、または過料の制裁に処し、子どもを隠匿したり、釈放、引渡しを命じる判決に違反した場合は、刑罰が科されます。

14

もし、ものすごい回数来られたら、私も困るなあと思ったのですが、現実的に元夫が住んでいるところと私たちが住んでいるところは飛行機の距離だし、結局月1〜2くらいが関の山なんじゃん?と思ってたんですよね。

19

よくある例で言うと、未成年の結婚には必ず親(=監護権者)の同意が必要になります。 5 監護補助者の有無 離婚後、子供を引き取った親の側に監護権者以外にも子供の世話を補助してくれる人がいるかどうかが問題となります。

子供としても、監護権者・親権者の意味を完全には理解できないまでも、離婚後も自身に関わってくれているということは理解できるはずです。 データから見ると、父親が親権を獲得するのは容易ではありませんが、先に述べた検討項目を押さえていけば父親の親権獲得も十分に可能性があります。 調停前置主義とは、法廷で争う前に、調停の場で話し合いを行わなければならないというものです。

6

ただし、調停前にあらかじめ当事者間で親権者を変更することに合意していたとしても、それだけで家庭裁判所が変更を認めてくれるわけではなく、子供にとって本当に有益となる判断を下すため、必ず家庭裁判所調査官による家庭訪問や父母・子供との面会が行われます。 両親の離婚によって、子供は少なからずストレスを受けることになります。 まとめ 今回は、親権と監護権を分けることを考えている方が、必ず知っておくべきことを取り上げました。

19

忘れていただきたくないこと…子どもの健全な成長 ここでは分かりやすく説明するために、「勝ち・負け」「親権をとる・とれない」といった表現を使いました。

3

親権と監護権を分けたのに、その意味を理解していなかった母親が「親権を取った=子供と暮らせる」と誤解し、離婚が成立してから勘違いに気付いて焦る…というパターンも珍しくはないので、気を付けておく必要があるでしょう。

8