春名 風花 誹謗 中傷。 春名風花さんへの誹謗中傷の示談の経緯、紆余曲折を経た努力の結晶の賜物だった「裁判費用はアルバイト」「告訴状を提出したら警察署から『うちは、そういうのやってないから』」

近い将来、AIが発達すれば、全自動で誹謗中傷を排除してくれる時代が来るかもしれませんが、まだその段階ではなさそうです。 その後、「いろんな方から現在の法律では軽微な罰で終わってしまうと聞いた」ため、示談に応じたのだという。 ちょうどこの頃、社会問題に関する意見をツイッターに投稿し始め、その発言の鋭さから世間の注目を集めていた。

今回の裁判結果について、春名にはコメントが殺到。

誹謗中傷されて何かが変わるなんて悔しすぎる。

17

また、誹謗中傷は伊藤詩織さん本人のみならず家族や友人にも被害が及びました。 誹謗中傷をした犯人は,当初示談を拒否(金がないと主張)していたが,警察が捜査を本格化させたことにより,示談を提示。 悪い人を懲らしめるのには、たくさんの手続きが必要。

14

(The Capital Tribune Japan). 今回の裁判では、高校生だった約2年前から相手の氏名や住所を特定するため、約1年間掛けてTwitter社や複数のプロバイダへ情報開示を求め、相手を特定したうえで告訴状を提出。

16

天上ウテナは自分のことを「 ぼく」と呼んでいるので、真似をして自分も呼ぶようになったと言われています。 Twitterを卒業してからすぐに木村花さんが亡くなったのですが、もしTwitterを従来通り続けていたら、春名風花も、もしかしたら命を絶っていたかもしれません」 幸い、命を絶つことを免れた春名は自身のYouTubeチャンネルにて示談成立を発表。 長い戦いだったと思います。