時雨 虹 俳句。 有名な冬の俳句15選!575に込められた意味や季語一覧・面白い俳句集も

長い漂泊の末、ようやく故郷に帰れることになった一茶の心情を表現した俳句であり、雪が降り積もった淋しげな雰囲気の家を見ながら「ここが自分の余生を過ごす場所になるのか…」とため息をつきながらしみじみ感じている様子がイメージできます。 虹蔵不見が示しているように冬に向かうと曇り空が多く日差しも弱くなるので、虹を見ることが少なくなる時期とされている。

9

この関門をクリアしないと、木曜日「並選」以上には進めません。

19

山から山へ夕立のように移動しながら降ったり、降ったかと思えば太陽が顔を出し、また降るといった具合の雨のこと。 日本の虹が 儚げで美しいのは 風土が作り出しているのでしょう。

12

虹がもし東の方にかかっていると男女の交際に純情な人間はそれを指さすことさえはばかる。

9

「玉霰」とは霰の美称であり、まるで宝石のように美しい霰の粒を表します。 初冬のこの時期には、雨が雪に変わることも虹が見えなくなる大きな理由の一つである。

10

副虹の色の配列は主虹の反対順。 飛行機から見る虹は、遮るものがないために輪のように見えるとか(画像検索で観ることができました)。

9