出光 ev。 出光興産 EVと蓄電池の充放電制御を最適化

例えば、提供されるカーシェアの車両が同じEVでもリーフの場合なら岐阜県飛騨市や高山市からどこにでも行くことが可能ですが、 超小型EVの場合には、飛騨市・高山市のエリア限定サービスとなります。 国内に至っては、EVどころか HV(ハイブリッド)車全盛時代という状況です。

12

補助の対象は1人〜2人乗りで最大速度60キロ〜80キロ前後の超小型車が対象。 石油会社の場合には、全国各地に 給油所(ガソリンスタンド)を有しており、カーステーションの問題は一定数までは確保することができそうです。

20

ただ、その日の状況に応じた最適化計画を立案する必要があることから、今回の実証では、様々なパターンに対応した最適化計画を検証評価することで、最適化アルゴリズムの改善やサービス化に向けた検討を進めていく予定だ。

5

出光カラーのジャイアンは「営業用、観光用と活用してもらっている」と田嶋社長は笑みをこぼす。 出光興産はグループの給油所網を活用し、超小型電気自動車(EV)のカーシェアリングサービスを事業化する方針であることが9日、分かった。 国内のガソリン需要減少が見込まれる中、成長が期待されるEVやMaaS事業の拡大を目指す。

2

イデコンポの中のバチルス菌が「サッチ」の分解を促進することで、芝生の健全な生育を促進します。 ピークカットによる電量料金削減や小売り電気事業者の調達コストの削減を最適化目的とし、翌日の30分値単位の充放電計画を作成する。 EVの普及はガソリン需要減少につながりかねない中、石油元売り大手が取り組む狙いは何か。

3

出光興産は全国6500ヶ所のSS(ガソリンスタンド)を展開するが、SSの数はこの20年で半減しているという。 電動アシスト自転車、ミニバイクと高速道路を走れる軽自動車の間のポジションを確立することで、高齢者をメインとした人たちにとって、小回りが効いて自転車や軽自動車よりも安全に移動できる交通手段となるでしょう。

15

同社は8月から観光客が多い岐阜県の飛騨市と高山市でシェアリングサービスを実施しているが、利用者が伸びており、木藤氏は千葉県館山市でも実証実験を開始し、観光向けだけでなく、公共交通機関に替わる地元の人の日常の足として提供するとした。

19

また、展示されていたタジマモーターの新型超小型モビリティ『E-RUNNER ULP1』のデザインを手がけた工業デザイナーの奥山清行氏も駆けつけた。

15

出光興産の実証実験に今後も要注目だ。

1