節 なり キュウリ の 育て 方。 キュウリ 節成り性と飛び節成り性

少量の苗なら購入した方が得策ですが、接ぎ木苗があれば利用したいものです。 ただし、節成り型のように各節に花が咲くわけではなく、 飛び節成り型のようにとびとびに花がつきます。

キュウリ栽培では弦や葉っぱの整理(摘葉)が欠かせません。 風で苗が倒れないように支柱を立てます。 7節以降の子づるは、下位節(地面から60cm程度)では本葉1枚、中位節(~120cm程度)では本葉2枚、上位節(120cm~)は本葉1枚で摘芯します。

また、病気の葉を取ることで対処はできますが、葉が少なくなると株の成長に影響が出てしまうので注意が必要です。 (参考ページ:) キュウリの育て方で知りたい追肥の量と与える肥料の量。

3

病害虫対策をします キュウリの栽培で一番大切なのが、病気の早期発見と予防です。

2

子づる:下節位は1節で摘心、中節位は2節で摘心、上節位は1節で摘心 孫づる:1節で摘心して収穫後につるを取り除く、中節位は3節~5節で摘心、 上節位は3節~5節で摘心 ひ孫づる以降:下節位は取り除いているので摘心不要、 中節位と上節位は基本放任で混んでいる場所は取り除く ・半促成栽培 促成栽培よりも遅めに栽培を開始しますが、 露地栽培よりも早めに収獲を開始する作型です。 摘果、摘花、果実の採り遅れをなくし、水分要求量の高いキュウリは乾燥に注意しながら、成長のバランスを取っていきます。

12

夏キュウリの苗を早春に早まきしすぎると、低温・短日の影響で「かんざし苗」になり、つるが伸びないことがあります。 畑などの家庭菜園からベランダ でのプランター菜園まで場所を 選ばずに栽培することができます。 支柱を立てる時に注意するポイントですが、実がなりだすと支柱に相当の重量が掛かり、また、台風などで強い風が吹くと支柱が倒れることがあるので、両側の支柱をしっかりと補強しておくことです。

パリパリした食感のキュウリが主流のようだけれど、うちが育てている地這キュウリは、皮がやわらかいためかパリパリよりポリポリといった口当たりだ。 茎と支柱をビニールのヒモ等でゆるく8の字に結びます。

節成り・ 飛び節成り・ 中間型です。 キュウリ支柱の片付け(奥武蔵地這)夏野菜の片付けを進めている。

14