中国 生物 兵器。 中国の首席生物兵器の専門家が武漢P4実験室を接収

中国は政治体制のこともあって、積極的な情報開示を行わない。

冒頭に示しました「ハーバード大学の教授が、ウイルスの密輸で起訴された」というのは、1月28日にアメリカ司法省の広報室ウェブサイトで公表されていたものを報じたものです。 公衆衛生上、特別の準備を必要とする。

8

武漢ウイルス研究所の石正麗研究員は2月2日、SNSの微信(ウィーチャット)上で、「新型コロナウイルスは実験室と無関係であることを命をかけて保障します」と投稿した。

6

ワシントン・タイムズの記事が明らかになるのは難しいと言われていますが、一つの報道があったことは事実です。 上海派閥は武漢の人民解放軍と結託し、政軍共同クーデターを起こした可能性が強いとまで言われています。 それと共に、「 遺伝子操作により、ウイルスの免疫性を改変する」ということもおこなっていたことが、武漢ウイルス学研究所のウェブサイトから伺えます。

20

普通の疫学的研究の場合、たとえばウイルスを開発することなどもそうですが、「人間がその病原体に免疫を獲得する方法」を研究するわけですが、周氏の研究は 「 その逆」 です。

2

同記事によると、ロマノフ氏は過去に怪しげなビジネスを行って有罪判決を受けている。

2