遠藤 周作 作品。 遠藤周作 おすすめランキング (1067作品)

『私の愛した小説』(1985年、新潮社)のち文庫• 1980年には、藩主の命によりローマ法王への親書を携えて海を渡った侍を描いた快作「侍」が誕生します。 『ぐうたら怠談』(1973年、毎日新聞社)• 『灯のうるむ頃』(1973年、講談社)のち角川文庫• キリシタン迫害• 独力でローマを目指し、1614年追放先のマカオからゴアへ、そしてエルサレムを経由して1620年にローマに至ります。 侍 The Samurai(1982年、イギリス、Peter Owen Publishers)• 『金と銀』(1966年、)のち• 『ただいま浪人』(1972年、講談社)のち文庫• 来歴・人物 [ ] 父親の仕事の都合で幼少時代をで過ごした。

( 2017年2月) 遠藤は、ヨーロッパで触れたキリスト教が父性原理を強調するあまり日本人の霊性に合わないと不満を持ち、キリスト教を日本の精神的風土に根付かせようと試みた。 けれども、人々は彼に旧来のユダヤ教を改革し、反ローマ運動の先鋒に立つ力強いリーダー像を待望していました。

12

同年、評論活動とこれらの仕事の合間に、小林聖心女子学院のシスターから依頼を受けて、初の戯曲「サウロ」を書き上げている。 キリスト教と日本人• 『キリシタン時代の知識人-背教と殉教』(1967年、)• 「狐狸庵」とは「狐狸庵閑話」が関西弁で「こりゃあかんわ(=これはダメだな)」の意味のシャレである(狐狸庵とは、一般には、遠藤周作が40代を過ごすことになった自称柿生の山里(正確には玉川学園)の庵(住まい)をさすものと認識されているが、随筆の中で、柿生に移る前の東京都渋谷区の住いをはじめて狐狸庵と称したとしており、柿生の狐狸庵は新しい狐狸庵であるとしている)。

それは、キリストの叫びの次元が、われわれのとはちがうからである。

1

『王国への道-』(1981年、)のち新潮文庫• アンドリュー・ガーフィールドとアダム・ドライバーが演じる二人の若いポルトガル宣教師の話です。 それでもミツは吉岡のことを一途に思っています。

5

この特徴的なキリスト教解釈は高い評価と共に、異端であるとも見做されることもある。