レベリオン レーシング。 WEC:レベリオン・レーシング、ル・マン後の活動継続を模索。最終戦バーレーンの出場目指す(オートスポーツweb)

また、2020ピレリスーパー耐久シリーズに参戦するAudi Team Marsをスポンサードし、レベリオンのフルカラーリングでフル参戦することも明らかとなった。 まさか本山哲選手もスポット参戦するとは思わなかったですが、若手に負けない熱い走りをしてくれることでしょう。 彼らは2019/20年シーズンのル・マンを最後にシリーズから撤退すると発表していたが、WECが新型コロナウイルス(COVID-19)による混乱に対応する新しい日程を示し、最終戦をル・マンからバーレーンに変更したことで計画の見直しを迫られている。

2007年にレーシングチームとして発足したレベリオンが、時計界でも活躍しているのだ。 (中止となった)セブリング1000マイルに参加するためにすでに多くの費用を支払っているからね」 「シリーズがセブリングをキャンセルすると決めたとき、私たちはすでにチームスタッフとメカニックのためにホテルと飛行機を予約していたため、そこに多くの費用が掛かった」 「世界で何が起こっているのか、これはとんでもないことだ。

But that is a different question. そこに我々レベリオンが加われないことは残念でならない」 レベリオン・レーシングは2007年に耐久レースへの挑戦を開始し、2008年にはLMP2クラス、2010年には最高峰のLMP1クラスへとステップアップしていった。 029 28 Laps 4 Laps 346 19 LMP2 走行中 ユーラシア・モータースポーツ 35号車 Ligier JSP217 — Gibson 山中信哉 N. 915 319 41 LMGTE Am 走行中 AFコルセ 54号車 Ferrari 488 GTE Evo T. WECの新しいスケジュールでは、ル・マンが6月から9月16〜20日にシフト。 そんなレベリオンが発表した今回のコラボレーションは、全日本スーパーフォーミュラ選手権でBuzz Racing with B-MAXをサポートしているBuzz&Co Groupが企画したもの。

4

情熱、独創性、そして「妥協のない姿勢」が創業の原点であり、ものづくりの指針となっています。

2

それによりテクノロジーやオペレーションのノウハウがもたらされ、今後登場するロードカーや将来的なレース活動に反映されることになるでしょう」 レベリオンのLMP1マシンには、アンドレ・ロッテラー、ブルーノ・セナ、ニール・ジャニらトップドライバーが乗る予定になっている。 マシンはR-One同様との共同開発で、エンジンは製 GL458を搭載する。

概要 [ ] 前年までと同じくトヨタエンジンを搭載し、非ハイブリッド車両が争うLMP1-Lクラスにエントリーしている。 ワークスチームであるTOYOTA GAZOO Racingを相手に、2018-19年の第3戦シルバーストン、2019-20年の第3戦上海で2勝を挙げてきた。 この結果緊急ピットインを強いられ、リアバンパーとタイヤを交換。

10