三文 小説 king。 King Gnuの「三文小説」の美しさと不気味さについて

マジで井口理だった…聖声…聖なる声……ディーバ…男ディーバ…歌姫っていうか歌王。 ~OSRIN(PERIMETRON)コメント 今はまだ推測の段階ではありますが、二人の男女の人生を描いたMVになっているようですね。 しかし単純な裏声ではなく、ウィスパーボイスなどを取り入れることにより曲に抑揚を与え、サビのメロディも徐々に変化していくため、聴き手を飽きさせることのない一曲だと感じます。

8

自分は何も変われていないのに、忙しない日常の中で時間を浪費していくことへの恐怖。 King Gnuの新曲発表は2020年1月の 『Ceremony』以来およそ9か月ぶりで、ドラマ主題歌の提供は2019年の 『白日』(『イノセンス 冤罪弁護士』)に続いて2度目です。 今回の楽曲中では、楽曲の主人公達の人生が「三文小説」と表現されています。

常田曰く、まだまだ世に出ていない楽曲があるということ。

13

時計のようにまわる舞台に男と女 大きな写真たちは二人の生き様 それを讃える音楽を映像にしました。 この「三文小説」、フルバージョンでの公開はまだされていません。

6

「三文~」となると 「たかだか三文ほどの価値しかない~」といった意味になります。

7

TEXT MarSali. 引き算と足し算のコントラストが鮮やかに感じられるのも、そのひとつ。 「三文小説」はどことなくオーケストラ的な雰囲気がある。

15

千両役者 NTTドコモ 5G「希望を加速しよう2nd篇」CMソング <初回生産限定盤 特典Blu-ray Disc> King Gnu Live Tour 2019 AW 2019. 「この世界の誰もが君を忘れ去っても ずいぶん老けたねって今日も隣で笑うから 怯えなくていいんだよ そのままの君でいいんだよ 増えた皺の数を隣で数えながら」 「駄文ばかりの脚本と三文芝居にいつまでも付き合っていたいのさ 君の不器用な表情や言葉一つで救われる僕がいるから」 「止めどなく流れる涙雨が 小説のように人生を何章にも区切ってくれるかな 愚かだとわかっていてもなお歩き続けなきゃいけない物語があるよ」 常田大希の歌詞からは「愛」しか感じない。

7