ぽ る ぽ る tv。 Apple TV+

これとは別に、1987年7月頃、番組オープニングトークの前に「LIVING IN A BOX」()のを流す回が数回あった。

17

藤本多賀雄(番組初期、後期) (1993年1月まで1人、1993年2月より2人体制)• WHAM BAM(THE SCARLET) ネット局 [ ]• MY OH MY() 6代目セット時代(1997年10月 - 1998年3月) 全面模様替え。 他 なお、1991年8月に発売したテーマ曲のCDジャケットには「全国17局ネット」と書かれているが、途中から開始したり・打ち切られるネット局はあったものの、おおむね15 - 20局でネットされていたと考えられる。

1

での放送は、のネット開始当初は深夜 25:10 - 26:05に放送されていた。 函館・金森ホール• IF I DON'T HAVE YOU(JASON DONOVAN)• そのため、番組のエンディングの際に、鶴瓶・上岡両名が通称「鶴瓶ダンス」をしながら番組セットからカメラの方へ飛び出したり(1987年7月14日放送分)、「浜寺の水練学校」をテーマにした即興漫才が行われた際に、鶴瓶がオチとして「後は任したー! のちに郵政省筆頭の複数協賛スポンサーとなってからも続いたが、1992年3月に郵政省がスポンサーを降板したため「ふるさと小包プレゼント」は廃止となるが、感想文紹介は行われ続けた。 1988年新春スペシャル、1988年6月3日放送分を除く• 番組終了の背景には、白岩プロデューサーが1998年4月付で系番組制作会社のへ出向することとなり、松竹芸能系番組である当番組の制作に関わることが実質不可能となったことが大きく影響したと考えられている。

17

公開収録も原則として事前申し込みが必要なく、予告された収録日に配布される入場整理券を入手すれば、自由に見学することが出来た。 このときの新聞の見出しには 「救急車ピーポーパーペーポー」と書かれていた• WON'T WALK AWAY(NELSON)• スタッフの笑い声が入るような、いわゆる「内輪だけの笑い」は、視聴者が見ていて一番不快で面白くないというのが理由であった。 1代目セット時代(1987年4月 - 1989年3月) 正面背後にピンクの大砲を配置した、当番組の象徴ともいえるセット。

新社屋移転後は、観客が番組セットの目の前に座って観覧するようになったため、前述のようなことは一切無くなった。 なお、パペポTVをネットしていた局がすべてこちらもネットした訳ではなかった。 茶色系配色を中心としたセットで、舞台背景全面に電飾を使用していた。

15

番組企画・イベント [ ] 1990年3月25日に「嵐の春場所」を行った長居公園()内の相撲場 番組のイベントとして、大阪・ので開催した「パペポシアター」(1988年3月21日 - 27日)、で2回(1989年10月3日・1992年5月13日)、(1992年5月25日。 そして、時の影響によるからまでの放送休止時期を経て 、復活後は当初水曜日深夜26:30 - 27:25の放送となり、2ヵ月後元の曜日と時間帯に戻り、にいったん木曜日深夜25:40 - 26:35に移動し 、には関西と同じ曜日で35分遅れの金曜深夜26:15 -27:10に移動し 、番組終了まで続いた。 翌々週の放送(翌週の放送分は500回記念生放送前に収録されたため)で、鶴瓶はその発言に対し謝罪した。

17

4回目(1995年1月27日放送) ()の影響によるもの。

出典 [ ]. 西村良雄(1996年7月 - 1997年2月)• CHIC MYSTIQUE()• 六本木・• 制作協力:松竹芸能、上岡プロモーション 関連項目 [ ]• 1990年、1993年を除く(1990年は1月最初の通常放送に出演)• ただし日本テレビを始め、同時ネットされていない局では、その部分だけをで被せて放送した。 」と叫びながらカメラの方へ泳ぐようにしてフレームアウト(1988年7月8日放送分)というような演出がたびたび行われていた。 なお、この時の勝敗は収録で東京に行った上岡の代理で弟子のが、鶴瓶に5回とも倒されている。