遺産 分割 協議 書 必要 か。 遺産分割協議による相続登記(手続きの流れ・必要書類)|世田谷・目黒相続手続き相談室

相続人の表示 誰が、どの相続財産を相続するのかを明らかにすることが必要です。

12

弁護士に遺産分割協議書の作成を頼むべき場合 弁護士に遺産分割協議書の作成を頼むべき場合は、 弁護士に遺産分割協議の代理を頼んだ場合です。 全員が署名押印することによって「全員が合意した事実」を証明するからです。 口約束では、内容を忘れてしまったり、後々意見が食い違う場合が多いですし、内容をきちんと履行してもらうことは難しいです。

5

遺産分割をして、実際に住む方のみが不動産を相続する場合等、法定相続分以外で不動産を相続する際は、法務局に遺産分割協議書を提出する必要がありますので、作成が必要になります。 もっとも、この場合には相続税の申告期限においては「税軽減措置を適用することなく計算した相続税の金額」を納付しておかなくてはなりません。

会う機会があれば、その際に書類を渡して署名押印してもらってもかまいません。 遺産分割協議書に表紙は必要? 結論から言うと、遺産分割協議書に表紙は不要ですが、付けても問題ありません。 株式の名義変更• 遺産の種類や金額はすべての相続で異なるので、遺産分割協議書も一つとして同じものはありません。

11

相続の手続きでは遺言書を提出します。 各人が署名・実印での押印をする 遺産分割協議書の書式が完成すると、当事者全員の署名捺印をします。

9

・ 「全預金のうち半分は妻に残りは子どもたちで分けること」といったザックリとした遺言書で、分割される財産の具体的な口座や金額、不動産の場合には面積などが記されていない場合。

12

預金口座が多い場合• 相続手続きの代行サービスには、パッケージプランが設定されていることが多く、その場合、通常、 遺産分割協議書の作成もパッケージプランの中に含まれています。 必ず、相続人全員で協議のうえでの合意が必要です。 ただ、他の相続人が遺産分割協議書のコピーを保管する際には、 できれば、印鑑証明書についても、 全員分コピーして一緒に保管した方が良いです。

1

遺産が現預金のみであるようなケースではこれでもなんとかなるかもしれませんが、遺産が1つの土地であるような場合には、「どこからどこまでが3分の2で、どこからどこまでが3分の1なのか」が不明です。 そして、各相続人が、遺産分割協議書1通と、 相続人全員分の印鑑証明書1通ずつを、 保管するというのが一般的なのです。

遺産分割協議書は何通必要なのか? 遺産分割協議書を作成する通数については、 相続人の人数分を作成して、 相続人全員が、各自原本1通を保管しておくのが一般的です。 したがって、遺産分割協議書には記載しません。 相続税の申告が必要なケースについては以下の記事を参考にしてください。

1