如意 伝 実話。 如意伝(中国ドラマ)ネタバレ!乾隆帝と如懿その恋路は?

第10話 冷遇 「如懿伝 」を一気に10話ぐらい見ると自分の中国語の発音がとても綺麗になった錯覚に陥る。 雍正帝の皇后の姪という間柄だった事もあり、本作のヒロイン・青桜は弘暦の正室選びの最有力候補に名乗りを挙げます。

8

そんなライバルたちとの闘いを、如懿は賢く切り抜けていきます。

17

第82話 「愛と復讐」• 乾隆帝として即位した 弘暦は 如懿を守り、如懿も機転を利かせて困難を乗り越えていくのですが、次々と皇子が殺されるという事件まで起き…? 愛し合う 乾隆帝に守られ、側室から皇后へと地位を上げる 如懿ですが、時を経て、 乾隆帝が変わっていくのですーー。

烏拉那拉 ウラナラ青桜 せいおう…烏拉那拉皇后の姪。 弘時に謀反の疑いがかけられた事がきっかけとなり、正室選びから脱落したように思われた青桜ですけど、青桜への想いを寄せる弘暦の努力もあり、青桜は弘暦の側室として宮廷に残る事になります。 まさに帝王らしい人生を生きた乾隆帝。

16

妃嬪の間ではもっぱら昨夜の話でもちきりだった。 凌雲徹は如懿に対して『冷宮での生活も銀子次第で良くもなる』と言う。 史実では令妃は乾隆帝との間に一番多くの子供を産み、死後に3番目の皇后に封じられた妃で、「瓔珞」では主人公・瓔珞として登場する。

16

純貴妃が権勢を振るいだしたことで、 乾隆帝はもしかしたら皇后を誤解していたかもしれないと想い始める。 主人に忠誠を誓う春嬋だが、衛嬿婉は春嬋が裏切ったのではという疑いを抱き始める。