ウイスキー ジンジャー エール。 【生姜】ウィルキンソンドライジンジャーエール

カクテルについてきくことは恥ずかしいことではないですし、むしろバーテンダーとしてはうれしいくらいです。 ジンジャーエール(ginger ale)は、その名のとおり、生姜(ginger)の香りや味がする清涼飲料水です。

5

その他、ウィスキーの種類ではカナディアン・ウイスキーがあります。

3

ラックにいっぱい並んでいるお酒の名前もほんの数種類しか分かりません。 カナディアンウィスキーでポピュラーな銘柄といえば、 カナディアンクラブが挙げられますが、 このウィスキーをジンジャーエールで割った、 「C・C ジンジャー」も相性のいいウィスキーです。

11

バーや居酒屋でも必ずと言っていいほど置いているため、ジンベースのカクテルでは定番とも言えます(ジンジンジャーという名称だと聞き覚えがあるかもしれません) ジン・バックには別名もあり、ロンドン・バック、マミーズ・シスターとも呼ばれています。

11

呼び方はお店や人によってさまざまで、「ウイスキージンジャー」や「ジンジャーハイボール(ジンジャーハイ)」と呼ぶこともあります。 カルピス割り 市販のカルピスソーダでもよいですし、カルピスの原液に炭酸水を加えても作ることができます。 ウイスキーのジンジャーエール割りとは? 「ウイスキーのジンジャーエール割り」は、ウイスキーをジンジャーエールで割った爽やかな飲み物です。

11

焼酎やサワーのように最後に入れると、ウイスキーの香りを消してしまうことがあります。

11

日本では「ハイボール=ウイスキーのソーダ割り」を指すのが一般的なので、「ウイスキーのジンジャーエール割り」と伝えたほうが、誤解されにくいでしょう。 もともと海外では人気の飲み方で、はちみつによって二日酔いになりにくいという効果もあり、お酒の弱い方や女性でも飲みやすいお酒として親しまれているとか。

2

5本分くらいまでを注ぎます。 辛口のドライビールが好きな人にもおすすめです。

13