かー る じいさん。 ピクサー映画「カールじいさんの空飛ぶ家」あらすじ・ネタバレ

監督・脚本は『モンスターズ・インク』のピート・ドクター。 0億円 前作 次作 『 カールじいさんの空飛ぶ家』(カールじいさんのそらとぶいえ、原題: Up)は、が製作した公開のである。

19

ところがある日、立ち退きを迫る相手に誤ってケガをさせてしまい、立ち退かざるをえなくなってしまう。 正直、ストーリー自体はあまり観るべきところは無かった。 二人はお金を貯めてパラダイス・フォールへの旅を考えていたが、車が故障したり、自宅の老朽化や仕事等々にてお金が貯まらず夢も途中。

カール・フレドリクセン 日本語吹き替え: 主人公。 父親の再婚相手である義母に心を開けないでいる。

:アニメ映画賞、作曲賞• 録音制作:東北新社• 彼らマンツの犬たちは戦闘機の操縦をするなど賢い一面もあるが根は普通の犬と同じ習性を持ち、ボールを追いかける、「がいる」と言われた方向に注意が向いたりする。 これまでも『ファインディング・ニモ』『ウォーリー』などの名作を放ってきたピクサーの記念すべき第10作は、3頭身の愛すべき老人を主人公に、生きることの孤独と未知への冒険に旅立つ勇気を見事に描き、09年5月にはアニメ作品で初めてカンヌ国際映画祭のオープニングを飾り絶賛されている。

16

のちに結婚し、幸せな日々を送っていたが病に倒れてしまう。 記憶の中で二人は会話もなく淡々と映像が進んでいきますが、その2人の表情はしあわせそのもの。 その後のストーリーは「おまけ」かな。

4

7

カール達の対決後、マンツの犬軍団は解散し、エンドロールでは新しい飼い主達と幸せに暮らしている様子。

14

ユーザーレビュー 総合評価: 4. 評判通り、素晴らしい作品でした!! 幼き日のカールじいさんと、その妻となったエリーの幼き日を描いた冒頭の10数分のシークエンスがまず素晴らしい。

10