エドワード フレンケル。 「究極の数学」は驚くほどエレガントで力強い

(SS) 目次 + はじめに 隠されたつながりを探して 数学の世界で過去半世紀の間に生まれたもっとも重要なアイディアが、ラングランズ・プログラムだ。 As of February 2016, it has been published in 16 languages. 一つは、素人に、進行中のドラマのアイデアのいくつかを与える試みである。

この本の大部分が基本的に思い出であり、フレンケルの波乱に富む人生を詳しく物語っており、それはかつてのソビエト連邦の小さな都市で始まった。

18

第6章 独裁者の流儀 フックスの与えた問題を、わたしは別の数学を使うことで解いた。

このことが、モスクワ大学の受験に問題となる。 クォークを発見した物理学者のゲルマン。

9

三百五十年間にわたって数学者を悩ませた 難問は、まったく別の予想を証明することで解けたのだ。 第2章 その数学がクォークを発見した その両親の友人の数学者は、クォークの発見に、対称性とは何かを�. 父親はユダヤ人の家系で、母親はロシア人だった。

17

の感想では、は『Love and Math』を三つの事柄からなる「人を惹きつける新たな自叙伝」と呼んだ。 物理学者は数学者の発見した空間を再発見する。 それぞれの数学を「島」だと考えてみよう。

19