ダ ヴィンチ 8 月 号。 ダ・ヴィンチ 2019年8月号 (2019年07月05日発売)

そして、後にレオナルドもヴェネツィアを訪れることになる。

1

設計どおりに動作したものもあれば、全く役に立たないものまでさまざまな結果となった。 『』、1483年 - 1486年、(パリ)。 リアナ・ボルトロンは1967年の著書で「あらゆることに関心を示す彼(レオナルド)の好奇心が、さまざまな分野に対する知識を追い求めさせた。

トロイカ学習帳」 ・益田ミリ「スーパーマーケット宇宙」 ・櫻井孝宏「ロール・プレイング眼鏡」 ・絶対読んで得する8冊 4人のブックウォッチャー ・穂村 弘「短歌ください」 ・ダ・ヴィンチなんでもランキング ・和牛「和牛の一歩ずつ、一歩ずつ。 レオナルドは再びフィレンツェに戻り、1508年10月18日にフィレンツェの芸術家ギルド「聖ルカ組合」に再加入した。 レオナルドが残した科学や工学に関する研究も、その芸術作品と同じく印象深い革新的なものだった。

17

さらに幼いヨハネはキリストを救世主と認め、祈りを捧げている情景が表現されている。 レオナルドはその生涯を通じて空を飛ぶことを夢見ていた。

1

レオナルドがフランチェスコ・スフォルツァの巨大な騎馬像の制作を開始したのは、『バルトロメーオ・コッレオーニ騎馬像』の完成よりも前ということになる。

6

レオナルドが中東の血を引いているという説は、レオナルドの指紋をその作品から復元することに成功したマルタ・ファルコーニが支持している。

18