ウィルソン ブレード 98。 ウィルソン ブレード 98 CV 18×20 インプレ 評価 感想レビュー【しなる系】

スイングレベルが速かったらCVではかなり恩恵を受けれると思いますが、スイングスピードに自信がない方は新作の方が扱いやすいでしょう。 フラットサービスを思いっきり打つとちょっと伸びてしまうんですよね。 ですが、ブレードの定番である98に比べれば、回転量は増します!かけたいときにスピンをかけられるといった感覚が得られるのは、100Inchだからこそだと思います。

18

試合観戦の際に、選手が使用しているラケットやウェアなどにも注目するのも楽しいですよ。 悪く言ってしまえば、驚きが少ないラケットですが打感も程よくつかむ感じがあり、面ブレも少ないため、安心感を求めるのであれば最適のラケットと言えます。

17

コントロール志向な人• 個人的にラケットがしなるというのは予想がある程度付いていたことだったのですが、それよりも感じたことは 思ったよりも反発力あるなってことでした。 発売日 2019年8月• パワフルな人• また、クラッシュは弾きがない分、グニャという打感になる一方、ブレードは綺麗な高音でボールが飛んでいきます。 97が最も短く、100ではしっかり感じられ、BLADE 98 18X20 V7. 1ということもあり、どれも完成度が高いラケットとなっていますが、その中でも以下のように分類ができます。

11

0とクラッシュ98で比較しています。 4Gで硬すぎたらアルパワーを試してみましょう! ナガヌマ 初めまして。 これを使用したことにより、 衝撃や振動を低減させた。

3

笑 フレームのしなりなくスライスやボレーが打ちやすいモデルはあんまり知らないのですがピュアストライク100はそういったモデルでした。

1

打球感の比較 どちらもしっかりしなりますが、よりしなる感覚が長く感じるのは今作のラケットで一番の違いは反発性が近作が2015年モデルよりおそらくかなり良いと感じています。 ものすごくスピンがかかるというわけではないのですが、ボールを自分のものにしてから飛ばせるので、安心感が生まれるのだと思います。 世界で活躍するウィルソンのラケットを使っている選手を男女ご紹介します。

11

0シリーズになり、新たなテクノロジーとして「 FEEL-FLEX」が搭載されました。 ただ、パワーアシストはそこそこあるので、辛くて大変ということはないと思います。 いかがでしたでしょうか。

8

・ボレーを打った感想 ボレーは打ちやすかったです。 スペック• ラケットのフレームはカーボン繊維を編み込んで作られていますが、編み方を調整することでラケットのしなりの方向を変えることができるそうで、これによりブレードV7. おそらくラケットが縦方向にしなりすぎてパワーロスをしてしまってるんだと思います。 ストリングパターンもあるとは思いますが、恐らく引っ掛かりの大きさがあるでしょう。

全長:27inch• 0の方が必要ないと言えるでしょう。 バウンド後すぐにインパクトするショットなので難易度が高いとされているショットなのですが、ブレードのフレームがめちゃくちゃしなってくれるので多少ポイントがずれてもしなって修正してくれます。

17