小山 祐一 作曲 家。 小山作之助

による同名異曲がある。 『古関裕而 流行作曲家と激動の昭和』2569、〈〉、2019年11月。

11

校歌(作詞:西條八十)• 古関金子は日本では珍しいドラマティック・ソプラノの持ち主で、ベルトラメリ能子が「私の後継者」と認め、上野の音楽学校の教授ヘッサートも絶賛した程だったが、戦争の激化により、活躍の場は奪われていった。

7

1957年「忘却の花びら」(作詞:菊田一夫、歌:)• 福島商業高校へ進学。 1949年「」(作詞:サトウハチロー、歌:藤山一郎)• 30歳代後半の古関が愛用したオルガンを奏でる姿をかたどったデザインで、午前8時から午後8時までの1時間おきに、「栄冠は君に輝く」「長崎の鐘」などの古関が作曲したメロディーが流れる仕組みになっている。

父親が購入した蓄音機から音楽が流れる家庭で育った古関は、幼いころからほぼ独学で音楽を学びます。 childrenのボーカル桜井和寿の長男。

9

特撮映画だが歌謡ショーの味わいもある映画なので古関さんのメロディはぴったりだ。 1928年、福島商業学校を卒業後、母方の伯父に誘われ、伯父が頭取を務める川俣銀行(現川俣支店)に勤務した。 突然のことに、梅は泣いてしまいました。

9

初めから作詞家を目指していたわけではなく、仕事をしながら純粋詩を書きくために上京したようだ。 1954年「サロマ湖の歌」(作詞:中山正男、歌:伊藤久男)• 作詞の佐伯、歌の灰田がビクター専属だったので、例外的にビクターから発売された。 霧島裕太 安達聖真 との息子。

17

『Fujiya Book』不二家、1990年、61頁。 校歌(作詞:西條八十)• 1947年「白鳥の歌」(作詞:、歌:藤山一郎、)• 本当は、戦時中に手がけた最大のヒット曲「暁に祈る」を刻みたかったが、もう平和な時代だったため、戦後最大のヒット曲「湯の町エレジー」を刻んだという。

4