シュガー レイ ロビンソン。 一杯のコーヒー/シュガー・レイ・ロビンソン

7月21日、後の世界ライト級チャンピオン、サミー・アンゴットに10回判定勝ち。 1月5日、ジョー・リンドンを6回KOで下し再起。

1

それでも、ロビンソンは、ジョーへの権利でターピンをノックダウンした10日に戦いの支配権を奪い返すことができました。 何とも不完全燃焼の結果ではありましたが、尾崎はこれで引退。

9

対抗馬は「ルイスvsジョシュア1」、「サーマンvsポーター」、「ゴロフキンvsデレビヤンチェンコ」、「テイラーvsプログレイス」の5試合。 12月16日、スイスのジェネバで、ジーン・バルザックに10回判定勝ち。 ボクシングのありとあらゆる要素を、たった1人で体現した男。

4

なお、この一戦は前年の初戦と同じく、リングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出された。

1

ジミー・ヘンドリックス死去。 シャイアン山本に判定負けで陥落するも、 再戦でリベンジ。

5

ジャズ・レーベル「プレスティッジ」創設される。 2001年、ボクシングプロモーション「シュガー・レイ・レナード・ボクシング社」の設立と、と提携し毎月1回で試合を放送することを発表。 再戦で引導を渡します。

2

カルロスモンソン~マーヴィンヘイグラー~ゴロフキン?15Rと12Rのいまと比較は難しいです。

彼こそが勝ち続けても変わらぬその姿。