アシガール あらすじ。 アシガール続編スペシャルネタバレあらすじ結末 唯&若君戦国で一緒に生きるハッピーエンド!続編パート2も?

「ふく」と名乗った唯と会話をして以来、唯一筋。 推定四十代前半~半ば。 10巻・・・63話〜68話(6話)• 3話で大好きなシーンのひとつが合戦の場面。

1

気が乗らない様子の若君に唯は 「御月 唯!」 美人っぽい名前だと嬉しそうに話す。

若君は、だが、今は乱世・・・我らの務めは皆の暮らしを守り抜くことなのじゃと続けました。 アシガールSP〜超時空ラブコメ再び〜(2019年4月2日、ハピネット、HPBR-350) Blu-ray• 遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で、恋愛やオシャレにもまったく関心がなく、現場のおっさん弁当を食べる女子高生。

19

唯が最初に紛れ込んだのはこの木村政秀の率いる足軽隊であった。 まるでやる気がなく何も目標もなくただなんとなく毎日を過ごしてる。

しかし、二人は襲撃され、若君は唯を守りながら城から出ようとするものの、囲まれてしまった。

15

アシガールのあらすじ紹介 特に何かやる気も起きず、日々淡々と 過ごしてきた平凡な女子高生、 早川 唯(はやかわ ゆい)。 お方様一筋。

慣れぬ戦国時代で尊が苦労する中、織田信長が高山宗鶴・宗熊父子を陣中に送り込んで来る。

12

その姿を確認するや否や、若君を追って敵陣に走っていく唯之助。 唯は若君の胸の中で休んだ。

7