米国 新型 コロナ。 米カリフォルニア州、新型コロナ感染拡大で11郡で経済活動再開が後退(米国)

男子のテニスツアーが6週間の中断、女子テニスツアー2大会中止など、スポーツ界にもコロナウイルス感染拡大の影響が及んでいる。 これにより、アメリカ全州において外出に関する規制が緩和されました。 米国疾病予防管理センター CDC が策定している「渡航健康情報」のレベルが3 高リスク または2 中リスク の地域や国から訪れる渡航者は、オンラインによるトラベラー・ヘルスフォーム Traveler Health Form を事前に登録する必要があります。

4月末を目途としていた外出制限を延長する州も多く、アイオワ州、ミシガン州、ネブラスカ州、イリノイ州、ハワイ州などでは外出制限の延長を決定しました。

14

アメリカ国内19州から訪れる市民や渡航者に対し、到着後14日間の自己隔離を義務付けると発表しました。 カリフォルニア州では3月19日に米国内で初となる外出禁止令を発令。

15

そこから約半年の6月28日に世界の感染者は1000万人となった。 ニューヨーク州では対象州より入州する市民や渡航者に対し、連絡先等の情報提供を義務付けています。 ただし、対象州に24時間以上滞在した後に3州へ入州する方は自己隔離が義務付けられますのでご注意ください。

16

延長は両国の同意に基づいている旨を強調し、両国民の安全を守るために必要な判断であると述べました。 当該の州へ渡航する方は最新の情報収集と施行中の規制の遵守をお願いします。 アメリカで最も多くの失業者が報告されているのはハワイ州で、失業給付金の受給者数も最多であることが明らかになりました。

19

中国の武漢市が2019年末に原因不明の肺炎患者発生を公表してから半年、世界全体を巻き込んだパンデミックの収束の兆しは見えない。