シェークスピア 作品。 ウィリアム・シェイクスピア

『タイタス・アンドロニカス』Titus Andronicus(1593-94年). 逆に、期待される側でも、期待に応えなければという苦悩が生まれてしまいます。

15

「人は何のために生きているのか?」 「人はなぜ欲張る生き物なのか?」 「愛無くして生きる意味とは?」 「運命とは何か?」 そういったことを作品全体を通じて訴えかけてきます。

最近は映画館でイギリスの舞台を上演するナショナル・シアター・ライブなどで、日本にいながら見ることもできる。 何かが少し違うだけでも、この結末は避けられそうな気がするのだが、こうなるしかなかったのだ、と思わせられる。

ここでは多くの人の心を掴んだ作品のあらすじを紹介します。 それは、どんな時代に生きようと、どんな環境で育とうと、 どんな人であろうと関係なく。

10

父は1568年には町長に選出され、シェークスピアは裕福な市民の長男として幸福な幼年時代を送り、町のグラマー・スクール(文法学校)に学んだが、彼が13歳のときに父の没落が始まり、大学へ進むことは許されなかったと思われる。

これを読んでみようという作品が決まったら、次は本を選ぶわけですが… シェイクスピアは、同じタイトルの作品がたくさんの出版社・翻訳者から出されているので、いったいどれを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。 今回紹介した本の役者である 小田島雄志氏は、割合原文に忠実かつ読みやすく訳を仕上げてくれる名訳者ですが、それでも読みやすさを感じるのは、結局はその本を読む皆さんなのです。 死没の日は4月23日であるが、誕生日も4月23日前後と推定されるので、この日がシェークスピアの記念日とされている。

7

悩める人に捧げる言葉 この物語の中で、叔父に復讐する決意したハムレットは「このまま復讐して人を殺して良いのだろうか、我慢し全うな人間として生きるべきなのか」と最後まで悩み続けます。 シェイクスピアの作品の中でも名言の宝庫と言われています。

12