エル アルコン 鷹 宝塚。 エル・アルコン

ティリアン(少年)……二條 華 初演では天寿みつきさんが演じていました。 脚本・演出は。

「スペイン野郎が」と罵られ迫害された幼少期はもちろん、自らの体に流れるスペインの血、自分を通してジェラード・ペルー 綺城ひかり と故郷のスペインを見る母のイザベラ …。 本公演では綺城・有沙のデュエットだった第15場Aパートはそのまま。

19

それは、いつ日かスペインに帰り、あのを率いて七つの海を制覇することだった。

若年期にとしてイギリスに送り込まれており、幼い頃のティリアン、母イザベラと親しかった。 ティリアンとギルダは、敵ながら互いの見事な腕前に惹かれていくのだった。 というのも ティリアン・パーシモン/安蘭けいは野望と野心に満ち、策略を巡らせるまさに ダーティーな役 ギルダ・ラバンヌ/遠野あすかは勇気ある 女海賊で、トップコンビが演じるには珍しい人物なのです。

18

「エル・アルコン-鷹-」の登場人物 [ ] ペネロープ・ギャレット ティリアンの上司に当たるギャレットの令嬢。

だから、初演を観たときついていくのが大変だったのだ。

17

宝塚歌劇では珍しいダーティーヒーローを平成19年、当時の星組トップスター、安蘭けいが演じ好評を博した。

14

要は1時間40分あまりに原作の内容をつめこみすぎて、いっこうにドラマチックに盛り上がらないのだ」などと指摘し、「脚本を整理の上で再演を望みたい」とした。

15