休業 手当 支払 率。 【新型コロナウイルス】休業手当の算出に必要な平均賃金の計算方法をわかりやすく解説

主な受給要件としては、最近3か月の生産量や売上高などが前年同期と比べて10%以上減少していること、実施する休業等が労使協定に基づくものであること等があります。

法律では、1日に8時間まで、1週間では40時間までしか仕事ができません。

4

賃金締切日に算定事由が発生した場合は、その前の締切日から遡及します(昭和24年7月13日基収2044号)。 現在政府において、一律1人当たり10万円を給付する案が検討されていますが、給付はかなり後になりそうです。 (執筆: 特定社会保険労務士 水間 聡子). この場合において、1日のうちの一部を休業させた場合にあっては、その日の賃金については労基法第26条 に定めるところにより、平均賃金の6割に相当する賃金を保障する。

15

会社都合の休業は休業手当の支払いが義務化されていますが、今回のような事態は「会社都合」と言えるのでしょうか?厚労省のホームページでは 「不可抗力による休業の場合は、使用者の責に帰すべき事由に当たらず、使用者に休業手当の支払義務はありません」と記載されています。 しかし、実際にこれらの転換を必ずしも行わなければならないかというと、そういうわけではありません。

20

補償額が平均賃金の6割という点は休業手当と同様ですが、支払いが必要となる事由が異なります。 第76条では休業補償の金額の細かい算定方法も規定されており、人事担当者はシミュレーションが可能です。

2

ということだけはわかります。

7

労働基準法 第26条休業手当は労働基準法第26条で定められています。 と言っても、自由にどうぞと言われると困る人も多いはず。 よくある質問 昨今のコロナウイルスの感染拡大・ 緊急事態宣言を受け、企業は待ったなしで在宅ワークにシフトせざるを得ない状況となっております。

17

「使用者の責に帰すべき事由」とは? 休業手当は使用者側の理由で労働者を休業させた場合に支払う義務がありますが、具体的にはどのようなケースを指すのでしょうか。 上記のことより、の100%を支給するだけでは、の支払い率は100%になりません。 使用者の責めに帰すべき事由によって休業した期間• 」と曖昧な回答となっています。

2

労働基準法では何らかの理由で休業せざるをえない場合、 その理由が「会社都合」であれば従業員に「休業手当」として賃金の最低6割以上を支払う必要があります。 雇用調整助成金を受給するためには、休業期間中の休業手当の額が、労働基準法の休業手当の規定(平均賃金の6割以上)を満たしている必要があり、申請にあたっては休業手当に関する基礎知識が必要となってきます。

1