相続 情報 一覧 図。 法定相続情報一覧図を13種類のテンプレートから簡単に作成する方法

法定相続情報一覧図(自分で作成します) 親や兄弟姉妹が相続する場合などには別の戸籍謄本類が必要になる可能性があります。

12

市区町村ではありません) 申出人が管轄法務局に「 必要書類一式+申出書」を提出します。 ただし、兄妹相続の場合は別途注意が必要。 また、再交付の申出が出来る法務局は、当初申出をした法務局です。

15

法定相続情報一覧図の作成• ただしまだ地銀や信金等で対応していないところもあるようですので、事前に確認すると良いでしょう。

11

従って、実際に法定相続情報一覧図を作った方がいいのかどうかは、 相続人が誰か?や必要な相続手続きがどれくらいあるか?によって適宜判断すると良いでしょう。 法定相続情報一覧図の写しに、きちんと続柄が書かれているものしか使えませんので、ご注意ください。

出典: 上記の記載例に注意事項を明記したものを以下に示します。

16

しかも、1通ではなく何通も必要になることも多いので、戸籍謄本の束を1つ作るだけで1万円以上の手数料がかかることもあります。 法定相続情報一覧図と相続関係説明図の違い 法定相続情報一覧図と似たものに、相続関係説明図があります。 そのため,相続放棄や遺産分割協議の結果によって,実際には相続人とならない方(相続分を有しない方)がいる場合も,法定相続情報一覧図にはその方の氏名等が記載されます。

8

被相続人の兄弟姉妹が相続となる場合 この場合は、 被相続人の父母、それぞれの出生から死亡までの戸籍謄本と除籍謄本が必要となります。

14

相続人の氏名、生年月日、被相続人との続柄(、相続人の住所)• 従って、 実際の相続人と一覧図から確認出来る相続人が必ずしも一致する訳ではない、という点に要注意! 一覧図の写しだけで相続手続きが出来る訳ではない! これはデメリットというよりは注意点ですが、 「法務局から発行される一覧図の写しが1通あれば、色々な相続手続きが簡単に出来る!」、こんな話をテレビで聞いたり雑誌で見たりした方もいるでしょう。 またさらに、被相続の祖父母や曽祖父母で生きていれば110歳程度よりも若い人がいる場合は、その人の死亡の記載がある戸籍が必要となり、また、被相続人よりも先に亡くなった兄弟姉妹がいる場合は、その人の出生から死亡までの戸籍謄本と除籍謄本が必要となります。