君 と は もう できない と 言 われ まして 10。 NHKの受信料が10月から下がったが値下げ額が非常に小さいですね受信...

御 所の庭の所々をこう言ってまわるのは感じのいいものであるがうるさくもあった。 「どんないい所へだって、あの大将さんをお見上げすることのできない国へは行く気がしま せんわね」 こんなことを言う女房は皆涙ぐんでいた。

10

仕事で疲れているのに、なぜおひとリーマンは我が家に帰らないのでしょうか?その背景には、愛する妻と子どもが待つ「最大の癒やしの場」であるはずの我が家が、居心地の悪い空間になってしまっているという実情があるようです。

5

「・・・怒った?」 「ばーか。

太后の復讐心に燃えておいでになることも面倒であったし、宮中への出入りにも不快な 感を与える官辺のことも堪えられぬほど苦しくて、自分が現在の位置にいることは、かえって 東宮を危うくするものでないかなどとも煩悶をあそばすのであった。 尚 侍は気が遠くなっていくようで、死ぬほどに心配した。

2

だって、俺は闇己にとってどんな存在なんだろう?なんて言えないじゃん。

御所では内宴とか、踏歌とか続いてはなやかなことばかりが行なわれていたが 中宮は人生の悲哀ばかりを感じておいでになって、後世のための仏勤めに励んでおいでになる と、頼もしい力もおのずから授けられつつある気もあそばされたし、源氏の情火から脱れえら れたことにもお悦びがあった。 その電車に乗っていた人や、降りたホームの人もその美人に一瞬我を失った。 とうとう右のほうが負けになった。

そしたらまた死んだ魂がこの世に執着を持つことで罰せられるのでしょう」 恐ろしい気がするほど源氏は真剣になっていた。 あなたが、言いたいけど、言えば言うほど相手に伝わらない! という、その相手に、あなたの伝えたいことは何ですか? <「言不盡意 げんはいをつくさず 」解説ページ 附録> 「易」に、「言は意を尽くさず」というように云々 うんぬん 、という吉川博士の解説は理解できましたか? あまりにも難解! と思ったので、『易 下』 本田 斉(著) 中国古典選2 朝日新聞社の「繋辞上伝 (けいじじょうでん)」を開いてみた。

女房 なども無数に侍していて、派手な後宮生活をしながらも、尚侍の人知れぬ心は源氏をばかり思 っていた。 ど んなことがあっても許してくださるだろうと、あれは陛下の御愛情に甘えているだけだと思う。 ますます人生が悲しく思われて自身も僧になろうという心の起こってくるのを、そ うしては東宮がおかわいそうであると思い返しもした。

16