オペル コルサ。 オペル復活! 2021年日本再上陸!! 日本導入予定&現行車 10選

なので日本への導入の可能性は低い。 2021年の販売開始時にはコルサほか3モデルを導入 国内での再参入は2021年を予定し、Cセグメントに属するSUVのグランドランドX、ドイツ本国でもベストセラーとして知られるCORSA、多彩な機能が売りのコンボ ライフの3モデルを一気に投入する計画だ。 。

2

だが、何と「コルサ」の名前で行くことが決まったようなのだ。 - (2006年7月1日アーカイブ分)• ガソリン130PSとディーゼル130PSでは6MTも選べる。 日本GMは低価格モデルである「(現地名 )」の輸入を打ち切り、それまでの低価格路線を変更して値上げしたが、やに価格帯が近づいたことでオペルの販売台数はさらに低迷。

6リットル直噴ターボディーゼル180PS)の2種類が用意されている。 ドライビング・ダイナミクスの改善も期待できる。 2006年、当時の親会社であったGMの経営不振によりに日本市場を撤退して以降、音沙汰がなかった。

12

日本市場への再参入と国際市場へのさらなる進出を計画 日本国内での販売再開を発表する場に登壇したオペルオートモビル GmbHのミヒャエル・ローシュラーCEOは「日本の自動車市場は、世界でも最大規模の市場のひとつです。 駆動方式:FF オペル新型コルサのパワートレインには、1. プジョー・シトロエングループの販売網を活用し、2021年からの日本復活導入が決定しました。

20

さらに新型にはEV仕様もラインナップする予定だという。 シトロエンの乗り心地やシートの座り心地はかなりソフトでふわっとしていますよね。 スポーツは、ドライビングダイナミクスを向上させる。

今後EV仕様もラインナップに加わる予定 このラインナップの中から日本で発売されるのは《1. ディプロマート等に代わる最上級車種。 GM傘下で開発。 動力性能/燃費性能/環境性能のバランスを高レベルでまとめ上げた傑作ユニットです。

5

パワーユニットは1. 私、すっかり忘れておりましたが、オペルと言えばいまやPSAグループの一員。 0インチのカラータッチスクリーンを備えた「マルチメディアナビ」と、10. パワーユニットは73psの1Lエコテックのみにして価格を抑えている。 2Lで、自然吸気と直噴ターボが設定されています。

2

装備と価格のバランスのよいSE Premiumに多段化され乗り味もよく燃費性能も向上した8ATの組み合わせは、このコルサを最も味わえるチョイスです。

7