スマホ から テレビ に 繋げる。 iPhone・iPadの画面をテレビに映す方法|有線・無線・無料アプリで出力する

個人的にはユーザには「Fire TV stick」がおすすめで、やパソコンユーザの方には「Chromecast」を推奨します。 設定(レシーバーやケーブルを用意) はじめにMiracastレシーバーとして「LDT-MRC02 」(ELECOM製)を利用し、テレビとつなぐ方法を紹介します。 通信速度が不足する場合や通信エリアを広げたい場合には、無線LAN中継機などを使って改善する方法もあります。

2

スマホのミラーリング機能は、機種によって異なります。 Android4. テレビや周辺機器と、スマホやタブレットが、同じWi-Fiに接続されている場合 とても簡単な操作で、テレビで見ることができます。 コントローラーはスマホや接続方式に合うものを選びましょう。

無線接続は、電波の届く範囲ならどこからでも操作できるので、 ケーブルの長さを気にせずに接続できることがメリットです。 最近はおうち時間も増え、動画配信サービスを利用する方も急増しています。 iPhoneの場合 iPhoneやiPadなどのiOS機器の端子は、Lightningと呼ばれる端子が使われており、テレビと接続するためには、LightningからHDMIに変換するための変換アダプタが必要です。

13

HDMI入出力対応テレビ• まずは、Android端末からAnycast SにWi-Fi接続する。 2以降はほとんどそれに対応しています。 これでiPhoneの画面をテレビに映すことができるようになります。

2

有線接続は充電しながらの使用は不可• 対応している機種なら、簡単に利用できて面倒な設定もありません。 ここでは、無料アプリ「ApowerMirror」と「LetsView」を利用してiPhone・iPadの画面をテレビに映し出す方法を紹介します。

17

今回ご紹介したテレビにする方法を活用して、人それぞれ好みや用途に応じて、選んでいただければ幸いです。

20

なお、無線接続には無線LAN環境が必要だが、Miracastでは機器同士を1対1で直接Wi-Fi接続することもできる。

20

そのため、 充電しながらミラーリングは行えません。

8

旅行のときに撮った写真を、家族で一緒に見て楽しめますし、大きな画面でスマホ専用のゲームをしたり、スポーツ観戦をしたりする時により臨場感を感じられるでしょう。 そして、Type-Cの端子を持つスマホの場合には、DisplayPort Alternate Modeに対応しているものであればテレビと接続できます。