モーダル シフト。 東洋メビウス、海上モーダルシフトを推進

そこで、部品メーカーの工場を ミルクラン方式で巡回することによって、集荷拠点を一つにまとめ、そこから鉄道輸送に切り替えるモーダルシフトを可能にしました。 モーダルシフトの目的 [ ] モーダルシフトの主目的は(CO 2)排出量の削減にある。 。

海上輸送の大きなメリットは長距離の一括大量輸送による効率化などにありますが、モーダルシフトを推進するためには、それだけの貨物量の確保、トラックなどとの積み替えなど、関係者の積極的な取り組みが不可欠です。 このようにモーダルシフトが停滞している理由は、以下のような課題やデメリットにあると考えられます。 一方、関東~関西間では三ッ輪運輸と提携して、東京~大阪航路を週3便で運航するRORO船のルートを利用。

20

この他にもモーダルシフトの副次的効果として次のような効果が挙げられる。 さらに、バブル期におけるトラックドライバー不足という要因も働いていました。

6

食品大手のネスレ日本は、各エリアの出荷基地を廃止し、工場から量販店の配送センターまで鉄道で直送しています。

3

モーダルシフトの基本的な発想は、輸送効率が悪く、混雑が発生し、環境負荷が高いといわれる自動車輸送を抑制し、輸送効率が高くて環境に優しい交通機関への利用を促進するというところにある。

2

駅・港などの発着拠点での積替えが発生する分、品質的なリスクがある。 (新しいウインドウで開きます) また、物流分野におけるCO 2排出量削減等の環境負荷低減や物流の生産性向上等の持続可能な物流体系の構築に資する取り組みを促進するため、荷主や物流事業者など関係者におけるグリーン物流の重要性についての認識の共有と交流を促進する会議、 【グリーン物流パートナーシップ会議】を経済産業省と共同で開催しております。 またトヨタ自動車の自動車部品専用列車「TOYOTA LONGPASS EXPRESS号」は日本通運との共同事業で、2006年からスタートし、現在は名古屋南貨物駅から盛岡貨物ターミナル駅間を1日2往復運行しています。

11

荷主へのアピールになり案件を獲得しやすくなる 大手ほど企業の社会的責任 CSR を果たそうと積極的になっています。 しかし関西から北陸への打ち返し便は貨物が少なく、収益にならない「空コンテナ」を回送することが多かったのです。 2 港湾運送事業の免許制度の見直し 運輸政策審議会海上交通部会の答申を受け、新規参入を容易にするため、平成12年内に主要9 港において、従来の事業免許制を許可制に、料金認可制を届出制に改める予定です(12年2 月22日閣議決定)。