斐伊 川 漁協。 環境共生科学科 吉岡秀和 助教が,「斐伊川のアユと環境」に関する研究の途中成果を斐伊川漁業協同組合に報告しました

その一つ、雲南市吉田町深野地区の深野神楽保存会は、大正時代にいったん途絶えてしまった神楽を見事に復活させました。

白川直樹研究室『川と人』ゼミ所属。

情報ありがとうございます。

19

濁流情報ばかりではなんですから 笑 5日の情報です 松江市からお越しのTさん、情報ありがとうございます。 (注7)分派点 主要流路(本川、本流)から流路(派川、分流)が分岐する地のこと。

2

鉄穴流しによる砂鉄採取 提供:奥出雲町教育委員会• 皆さん、体が冷えた後にはしっかり温めてケアもお忘れなく 元気で斐伊川へいらしてください アユをご覧になった後は、このお花で更にほっこりしてください 夏の色ですね。 願い橋(沈下橋)• ただし、10月1日から翌年2月末日までは、この限りでない。

2

この地の人々は、砂鉄を掘り尽くした山の跡と鉄穴流しの水路を再利用し、棚田をつくったのです。 上熊橋• その後も加茂岩倉 (かもいわくら)遺跡(注3)など、弥生時代の遺跡が多数発見されます。 斐伊川水系では、沿川状況等の社会的条件、河道状況等の技術的条件、経済性及び、これまでの経緯等を総合的に勘案して、上流部、中流部、下流部、湖部の流域全体で治水を負担することとし、洪水時の宍道湖の水位上昇量を低減するために、宍道湖への流入量を抑制するとともに、宍道湖からの流出量を増やします。

1

お久しぶりです 😀 朝晩は涼しくなりましたが皆さん如何お過ごしですか 賑やかだった斐伊川もすっかり静かになりました 渓流魚は来年3月まで禁漁ですし、アユ漁も一段落といったところです。