吐血 と 喀血 の 違い。 喀血とは?吐血との違いや原因について

口の中にできる腫瘍で有名なのは「扁平上皮癌」「黒色腫」「線維肉腫」「エプリス」です。

10

そんな時こそ冷静な判断が必要です。

15

・小腸:クローン病、メッケル憩室、ベーチェット病、単純性潰瘍など。

13

咽頭・気管支・肺実質からの出血を言い、咽頭や鼻腔、口腔からの出血は喀血とは呼びません。 通常胃や十二指腸からの出血が多いですが、大量の場合は赤い色をしています。 食道からの吐血で可能性があるのが異物(特に尖ったもの)を飲み込み食道内壁を傷つけてしまった場合です。

18

一方、ドス黒い色の血液の場合、吐血のことが多いです。 そのため、便の性状や、便に付着した血液の状態、既往歴を尋ねます。

18

必要であれば、硬化療法やクリッピングを行います。

3

こんな症状に気をつけましょう 最近便が黒っぽいと思ったら要注意です。 大量の吐血を起こす原因としては食道静脈瘤の破裂や胃部の動脈の破綻が疑われるので、の確認も行います。 しかし、吐血の場合には吐血しないようにすることが大切です。

9