南京 条約。 南京条約の内容

概要 [編集 ] 1842年(22年)、近くの上に停泊した艦上で、イギリス全権代表と清国全権代表での職にあったによって締結された。 そういうイギリスの野心が、このあたりの歴史から垣間見えるわけである。 わが国の戦時国際法の権威である竹本正幸教授も「予測されなかった重大な必要が生じ、戦争法規の遵守を不可能ならしめる場合もあり得る」と認めている。

2

清の軍隊である八旗と緑営には太平天国を鎮圧する力はなく、清朝は地方の有力者である郷勇を頼りました。

6

つまり、本来なら返す必要はないんです。

11

このような形を取ると、最終的にイギリスは銀もお茶も手に入れることができるのです。 だが、しかしネズミはネズミだった。 - アメリカ合衆国と結んだ南京条約と同類の条約。

1

清の殿様商売 『清』は、• 100年以上前の戦争の話が、ついこないだやっと返還されたわけ。

そして『銀』もイギリスに流れるようになった。

4

1839年、 欽差大臣としてアヘンの取り締まりを行った 林則徐はアヘンの吸飲者を処罰。 また、イギリスが清との間で南京条約を締結したことを受け、アメリカ・フランスはただちに清と交渉し、それぞれ、・を締結した。

9

もうイギリスはやりたい放題ですね。 川鼻条約という、南京条約よりも清に好意的な内容の条約の締結に向けて事態は収束するかと思われましたが、清国内で応戦派が再び勢力を増し、交渉は決裂に終わりました。

4